パタヤのソンクラーン&ワンライがスゴかった!水かけ祭りの様子【体験レポ】

水かけ祭りとして有名な、タイのお正月ソンクラーン(ソンクラン)。

ソンクラーンがユネスコ無形文化遺産に登録されたことを祝い、今年はいつもより長い連休となりました。

実は、ソンクラーンの後に「ワンライ」という水かけ祭りが一部地域で続くことをご存知でしょうか?

ワンライがあるのは、パタヤという街があるチョンブリ地方。

この記事では、ソンクラーンとワンライでの水かけ祭りの様子を紹介します。

街はどのような状況になるのか・観光客と現地在住者の過ごし方の違いとあわせて、ぜひご覧ください。

パタヤのソンクラーンはなぜ長い?ワンライとは

タイのソンクラーンは、毎年4月13日~15日の3日間です。

ただ、パタヤがあるチョンブリ地方では、ソンクラーン後も「ワンライ」まで水かけ祭りが続きます。

ワンライとはタイのチョンブリ地方限定の風習で、ソンクラーン同様に水をかけ合います。

気をつけたいのが、ワンライの日はエリアによって違うということ。

ワンライの日はチョンブリ地方の北から南へと日々移っていき、期間はソンクラーン後の約1週間です。

なかでも一番賑わうのが、パタヤのワンライ。

2024年のパタヤのワンライは19日(金)で、大賑わいをみせました。

パタヤのソンクラーン&ワンライの様子

まずは、パタヤのソンクラーン当日。

水かけは午後から盛り上がり始めるので、午前中のビーチロードをチェック。

この時はお昼の時間帯で、人・車ともに少なく静かでした。

この時期になると、あちこちに水鉄砲を売る露店が出現します。

水鉄砲のほかにも、ソンクラーン用の花柄のシャツや、首にかけるお花の輪っかが売られています。

氷で冷たくした水かけ用のお水を売っているところもありました。

夕方に近づくと、水かけがスタート。

道端はもちろん車からもバシャバシャ水をかけてきます。

道端ではbarを中心に店舗前で水かけをするのですが、水が氷入りで冷たいことも。

車の荷台には大きなバケツが積んであり、荷台に乗った数人が思いっきり水を放ちます。

街を歩く人を見ると、大人こども問わず、水鉄砲を持っている人がたくさん。

水をかけられずに歩くことは難しいので、貴重品の防水対策をしっかりしておきましょう。

筆者は昨年もソンクラーンに参加したこともあり、早々に切り上げて宿でひっそり平和に過ごしました。

ソンクラーン後と、パタヤのワンライの様子

4月13日~15日のソンクラーンを終えた後も、パタヤでは水かけをする人がちらほら。

うっかりしていると濡れてしまうため、財布やスマホの防水対策が欠かせません。

そして、4月19日(金)ワンライを迎えたパタヤ。

街は地元タイ人と観光客、在住外国人でごったがえしていました。

道も人も、ビショビショです。

セブンイレブン前の犬も濡れていました。

もちろん、コンビニ内もビショビショです。

海沿いまで行くと、ビーチロードは歩行者天国になっていて、屋台が並んでいました。

セントラルフェスティバルというモール前の敷地ではライブが開催され、大盛り上がり。

筆者はビーチロードを歩いたのですが、途中で細道へ抜けて、セカンドロード・サードロードと歩きました。

ビーチ沿いの道ではなくとも、至る所で水かけ。

お店の前など「水をかけられる」と覚悟して歩いていても、車からも水が飛んできてビックリします。

正直「パタヤのソンクラーン、10日間は長すぎ!」と感じてしまった

パタヤでソンクラーン・ワンライ、約10日間の水かけ祭りを体験しました。

実際に過ごしてみて「10日間は長かった、もはや1日でもじゅうぶん」というのが正直な感想です。

近所のコンビニに行くにも濡れてしまいますし、濡れたまま店内に入ると冷房で寒くて仕方なくて。

服や髪はもちろん、買い物したものまでびしょ濡れになってしまいます。

ソンテウ(乗り合いバス)に乗っている最中も、容赦なく水をかけられるので全身ビショビショです。

お祭り騒ぎで楽しいのは事実ですが、既にソンクラーンを体験していることもあり、「10日間もやらなくていいかな、1日でじゅうぶん楽しめる!」と感じてしまいました。

パタヤ在住者は、ワンライを避けて旅行or一時帰国する人も

パタヤ近郊で暮らす在住者の方は、「ソンクラーン・ワンライの時期はパタヤから脱出する」という人が意外と多いようです。

1週間~10日前後、水かけを避けて静かに暮らしたいとなると、引きこもり生活が余儀なくされます。

「どうせならこの機会に旅行を楽しもう!」というのは、素敵なアイディアですね。

カンボジア・ラオス・ベトナムなどの近隣国へプチ旅行、日本へ一時帰国する方もいらっしゃるようです。

水かけ祭りを長く楽しみたい人は、パタヤでソンクラーン&ワンライを!

タイ・パタヤでのソンクラーンとワンライの様子を紹介しました。

本来ソンクラーンは毎年4月13日~15日であり、ワンライはパタヤがあるエリアのみの風習です。

ソンクラーンを1日でも長く楽しみたい方は、1週間から10日間水かけ祭りが続くパタヤに滞在してみてはいかがでしょうか。

グローバル医職住ラボでは、海外と日本を行き来する方向けにお役立ち情報を発信しています。

一時帰国や本帰国向けのお得物件や、国際交流ができるシェアハウスなどご紹介しておりますので、ご興味ある方はお気軽にお問い合わせください。

住まい相談(無料)はこちら

 

関連記事

  1. 【中国の介護市場】日本式介護サービスの展開は?

  2. 老後、海外でリタイアメント生活。おすすめ国TOP15

  3. 【中国のコロナ事情】オミクロン株に中医薬治療が有効か?北京五輪はどうなの?

  4. 高齢者シェアハウスの料金が安い理由とは?メリット・デメリットとあわせて解説

  5. コロナ禍でも勢いがある企業「なんぼや」がタイ・バンコクへ進出

  6. 【静岡で日中交流】日中国交正常化50周年記念!12月18日「現代舞踊LIVE」 Zoom-LIVEで無料配信!

Translate:

  1. 外国人旅行者に人気の宿泊タイプは?ホテル・旅館?…

  2. 外国人に人気な宿泊エリアTOP5!外国人旅行者数の変…

  3. 日本への「外国人旅行者数」はどれくらい?コロナ前…

  4. 【春節はいつからいつまで?】 ―今年の元宵節は、西…

  5. 「揚琴演奏家・女子十二楽坊日本プロデュ―サー」,(…

  6. タイの春節(旧正月)は、提灯・赤い服&チャイナ服…

  7. 中国から日本入国、水際対策を要確認【入国情報・202…

  8. 日本に住む外国人の数はどれくらい?国籍・住んでい…

  9. 2023年一時帰国を検討している方へ【​​​​​一時帰国で…

  10. 障がい者についてどれぐらいご存じでしょうか?

  1. ウクライナ避難学生10名に住居を無料で提供|大型国…

  2. オシャレ&お得に滞在!コンセプト型シェアハウス「…

  3. 賃貸契約が難しいシニア必見!共生型シェアハウス微…

  4. 空き家情報がたくさん「アキヤリノバ ニュース」と高…

  5. 大阪住吉区「シニア女性と介護職女性」のためのシェ…

  6. 地域医療・コミュニケーション複合、シニア歓迎の住…

  7. レトロさが魅力の空き家再生シェアハウス「Roopt」入…

  8. まずはリビングのみ使用でシェアハウス生活に挑戦!

  9. ユーモア満載の新しいシェアハウス「モテアマス三軒…

  10. 仕事も趣味も満喫!大阪のおすすめシェアハウス厳選T…

グローバル医職住ラボ 運営会社

Translate »