まずはリビングのみ使用でシェアハウス生活に挑戦!

「シェアハウスに興味があるけれど、入居のハードルが高い」と思ってはいませんか?

もし、シェアハウスのリビングだけ使ってみるプランがあるとすれば、シェアハウス生活の最初の一歩を踏み出せると感じる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、シェアハウスのリビングのみの使用を開始したサービスを紹介します。

リビングだけまず使用する生活でシェアハウスにトライ

熊本発のシェアハウス「シェアハウスひだまり」。

シェアハウスひだまりHidamari株式会社運営)は、熊本、福岡、東京、横浜、鎌倉・湘南、横浜、埼玉、千葉、大阪、長野、栃木で計50棟のシェアハウスを展開しています。

シェアハウスひだまりの特徴は、コミュニティ重視型ということ。

さらにこの度、シェアハウスのリビング(共用部分)を、住人でなくても使用が可能に。

使用には月額料金がかかります。

詳細をみていきましょう。

シェアハウスひだまり「リビングシェア」制度

シェアハウスひだまり「リビングシェア」制度とは、シェアハウスのリビングを住人以外が使用できる制度のことです。

使用するためには、月額料金がかかります。

シェアハウスは、仕事環境が整っており、Wi-Fiや充電など快適環境。

テレワーク需要が増え、シェアハウスの人気が高まる今、注目を集めています。

また、2拠点居住先を探す方にとっても、仕事ができるリビング環境は重要ポイント。

お試しでリビングのみ使用でき、実際仕事してみることで、入居するイメージがわくことでしょう。

もしくは、新しいコワーキングスペースとしての新しい場所になるかもしれません。

 

リビングシェア制度は、東京都・足立区の2つのシェアハウスで試験運用中。

今後この制度を全国展開する予定だそうです。

シェアハウスがあるのは、東武スカイツリーライン西新井駅と梅島駅付近。

商店街や飲食店もあり、単身ビジネスマンにとって暮らしやすい立地です。

リビングシェアの料金

シェアハウスひだまりのリビングシェア料金は月額制です。

月額6,480円が、オープン価格で4,480円。(2021年10月20日時点)

最低契約期間は3か月です。

リビング使用可能時間は、10:00〜19:00で、年中無休で利用可能とのこと。

リビングシェアの詳細はこちら

出典:PR TIMES

シェアハウス生活の一歩を踏み出そう!

シェアハウスひだまりのリビングシェア制度を紹介しました。

新規でシェアハウスを探すほか、二拠点居住先を探すとしても、仕事環境は大切。

シェアハウスに抵抗がある方も、リビングシェア制度を活用してお試しステイをしてみてはいかがでしょうか。

また、グローバル医職住ラボでは、趣味と仕事を両立したいビジネスマンや、二拠点居住先を探している方、高齢者の方へ向けて、シェアハウスを紹介しています。

住まいのコンシェルジュがあなたの要望をヒアリングした上で、より良い住まいをご紹介させていただきます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. 【地震発生後の被災時健康管理】被災地で健康維持はどう確保するか?

  2. 【国際結婚】もう、日本に帰りたい。悩みと対処法を事例で解説

  3. Amazon2位獲得本『外国人向け賃貸住宅ノウハウのすべて(荻野政男著)』

  4. 【参加無料】フリーランス×多拠点生活の現状、ウェビナー開催!(ADDress × Workship)

  5. 中国7回目全国人口調査からみる ―中国の少子高齢化問題―

  6. 日本帰国後14日間どんな日々?意外な落とし穴と正しい情報確認先を徹底解説

Translate:

Translate »