ウクライナ避難学生10名に住居を無料で提供|大型国際学生シェアハウス

2022年8月より、国際学生向けシェアハウス「HAKUSAN HOUSE・KAMIKITA HOUSE」にて、ウクライナからの避難学生10名を対象に、住居を無償提供することが決定しました。

目的は、ロシア侵攻の影響で困窮するウクライナ学生を対象に、日本で安心して暮らし学ぶことができるよう、環境整備・提供するためです。

金銭面・住居を支援するのは?

画像引用:グローバルブランドユニネスト合同会社

資金支援をおこなうのは、テンプル大学ジャパンキャンパス。

画像引用:テンプル大学ジャパンキャンパス

テンプル大学ジャパンキャンパスは、学生の授業料(学費免除)、生活費月8万円、渡航費、住居提供を支援。

ユニネスト合同会社は、運営する2つのシェアハウスHAKUSAN HOUSE・KAMIKITA HOUSEを無償提供します。

画像引用:グローバルブランドユニネスト合同会社

両社の協力があって生まれた今回の支援。

奨学金制度なども新たに生まれる中、住まいの無償提供の数は少ないため、今回の取り組みを筆頭に国際学生向けの支援が増えることを願います。

■ウクライナ避難学生受け入れ支援概要
対象:ウクライナの大学に在学しているウクライナ人大学生(最大10名)
期間 :2022年8月~2023年7月(状況によって延長の可能性あり)
申込詳細ページはこちら

出典:PRtimes

外国人留学生支援でお困りの方へ

今回は、ウクライナ大学生支援の内容をお届けしました。

グローバル医職住ラボでは、日本で学ぶ国際学生の住まいのサポートや就職サポートを実施中です。

お困りの学生さんはもちろん、支援をお考えの企業様もお気軽にご相談ください。

学生が安心して日本で学びを深めることができる支援をともに実施してまいりましょう。

詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. 日本は年内に『外国人永住権ポイント制度』改正へ

  2. 【コロナ禍の日本に住んでいる外国人減少】在日中国人数は依然トップ

  3. 日本に帰りたい!帰国者におすすめの沖縄ホテル「Mr.KINJO」、月額滞在プランがお得

  4. 自主隔離中にお寺体験!心と体をメンテナンス「免疫力アップおこもりプラン」

  5. コロナ禍でタイ入国、必要な準備&隔離の様子は?【体験談インタビュー前編】

  6. 【2022年最新版】世界で暮らす日本人は増加中!海外在留邦人の「今」に迫る

Translate:

Translate »