帰国者向け送迎付き宿泊プラン、関東から関西エリアまで拡大

水際対策の抜本的強化により、日本帰国時のPCR検査・隔離などが見直されました。

そこで、「株式会社FEEL JAPAN(株式会社FJトラスト)」隔離2週間(15泊)の送迎付き宿泊プランを、関東から関西エリアまで提供拡大しました。

水際対策の抜本的強化による、日本帰国者への影響とは?

新型コロナウイルス感染症の影響により、これまでも帰国者に対して自主隔離が求められていました。

しかし、水際対策の抜本的強化のため、日本渡航前と入国後のPCR検査や、2週間の隔離措置などが見直されました。

この「2週間」というのは、日本へ入国した翌日から数えて14日間です。

そのため、帰国者は「15泊分の滞在先」を確保する必要があります。

15泊分の滞在先の条件

15泊分の滞在先として認められているのは、以下です。

自宅、社宅、親戚の家、友人の家、マンスリーマンション、ご自身で予約したホテルなどが対象になります。(宿舎などのトイレやお風呂など、複数の人が共同で使用する場所がある施設は対象外)なお、入国拒否対象地域から入国された方は、検査結果が出るまで、原則、空港内のスペース又は検疫所が指定した施設等で、待機していただくこととなります。
引用:水際対策の抜本的強化に関するQ&A(令和3年2月25日時点版)|厚生労働省

空港からの移動は、公共交通機関の使用は避ける

滞在先までの移動手段は、公共交通機関の使用は避けるように要請されています。

そのため、家族に迎えに来てもらう・ハイヤーを手配するなどの準備が必要です。

しかし、自宅が地方にある人は、空港からの移動はなかなか困難です。

そこで役立つのが、「株式会社FEEL JAPAN(株式会社FJトラスト)」が提供する帰国者向け宿泊プランです。

「コロナ隔離14日間(15泊)送迎付き宿泊プラン」とは?

東京都西新宿にある「株式会社FEEL JAPAN(株式会社FJトラスト)」は、金融と不動産のプロが運営する会社です。

2020年3月よりコロナ待機宿泊サービスを開始。

累計700組、12,000泊以上の実績、50社以上の大企業など、多数の利用者がいます。

「コロナ待機宿泊サービス」の4つの特長と、他ホテルとの比較

「コロナ待機宿泊サービス」の特長は、下記4つです、

特徴1.専用リムジンで往復2回の送迎(待ち時間なし・相乗りなし)
特徴2.キッチン、調理器具、洗濯機など短期滞在向け設備完備
特徴3.ワンルーム30㎡~の広い部屋
特徴4.豊富な実績、大企業も利用

送迎は、リムジン・待ち時間と相乗りなし

長いフライトを終え、早くホテルでゆっくりしたいところですが、空港にてPCR検査をしなくてはなりません。(2021年2月時点)

PCR検査は、日や時間帯によってかかる時間は異なります。

やっとPCR検査を終えたと思っても、送迎を待つとなれば更に時間がかかるでしょう。

しかし、FEEL JAPANのコロナ待機宿泊サービスは、待ち時間なし。

立派なリムジンで、相乗りの心配もありません。

部屋の広さはワンルーム30㎡~、2つ以上の採光窓

隔離期間は、15泊16日と長期間です。

この間は、外出を控えるよう要請が出ています。

毎日ずっと同じ部屋で過ごすとなると、部屋の広さや窓は必須です。

チェーンのビジネスホテルを想像してもらうとわかりやすいかと思いますが、ホテルの場合だと、15㎡~20㎡程度の広さのところが多いです。

ベッドや家具があるため、玄関から部屋・ベッド横の通路くらいしか歩けないというケースもたくさん。

また、ホテル(ビジネスホテル)の場合、窓は一カ所のみのことが多いため、圧迫感があるでしょう。

対して、FEEL JAPANのコロナ待機宿泊サービスは、部屋の広さは30㎡~。

30㎡~40㎡は、ひとり暮らしの賃貸でちょうどいい部屋のサイズです。

また、2つ以上の採光窓があります。

その他、キッチンはじめバスタブなど、連日引きこもっていても生活しやすい設備が整っています。

大企業の利用実績があることで、隔離中にリモートワークをする人にとって、安心して仕事できる環境が整っていることが予想できるでしょう。

便利な立地に、複数の滞在先を用意

コロナ待機宿泊サービスの宿泊先となる施設は、便利な立地に複数あります。

隔離期間を終えたあと、移動に都合が良い場所を選ぶことができるでしょう。

ペットOK物件、食事付きプランもあり

コロナ待機宿泊サービスでは、ペットOK物件もあり。

さらに、外出は控える・差し入れしてくれる人がいない状況となれば、毎回食事配達サービスを利用することになるでしょう。

ただ、連日デリバリーだと飽きてしまうかもしれませんし、自炊派の人もいるかと思います。

そこで、コロナ待機宿泊サービスでは、食事付きプランも用意。

部屋備え付けのキッチンでの調理も可能です。

大阪エリアに拡大中

これまでのコロナ待機宿泊サービスは、東京を中心としたサービス展開でした。

現在では大阪エリアまで拡大し、関西国際空港利用者にも役立つサービスへと進化しています。

大阪エリアで利用を検討している方は、専用ページからご確認ください。

コロナ待機宿泊サービスの料金は?

コロナ待機宿泊サービスの料金は、専用サイトから見積りを依頼することができます。

到着空港や帰国予定日とあわせて、予算を伝えます。

15泊16日の滞在で、10万~20円程度をみておくといいでしょう。

また、空港到着時のPCR検査で陽性となった場合は、全額返金されます。

日本へ帰国するときに役立つサービスを上手く活用しよう

日本へ一時帰国・本帰国する人にとって、大変な時期が続いています。

少しでも快適に隔離期間を過ごすことができるよう、コロナ待機宿泊サービスをはじめとしたサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

また、日本帰国後、短期から長期で日本で暮らすことが決まっている場合は、賃貸契約を考える人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが、家具付き物件です。

株式会社イチイでは、都内を中心に家具付き物件を多数扱っております。

長く住む家を探す間の借りの住まいとしても、家具付き物件は役立つでしょう。

気になる方は、お気軽にお問合せください。

関連記事

  1. 「スマートハウス」は住まいの先駆け! – 在日中国人も幻の住まいに憧れる!

  2. 【日本でのファッション】在留外国人に人気1位はユニクロ、しまむらは何位?

  3. 【広がるオンライン化】就活生から学生まで!コロナ禍で進んだオンラインサービス

  4. 日本最大級のオンライン旅行博覧会「オンライン旅行EXPO 2021春」開催

  5. 世界を旅して、写真展を開催!その魅力に迫る!シニア世代のグローバルな生き方〈前編〉

  6. 【外国人は日本を旅行したい!?】在留外国人に聞いた国内旅行について調査!