一時帰国時、どこに住む?費用は?住まい探しのコツ【海外移住者インタビュー】

海外移住者の一時帰国。

日本に住まいがないため、住まい探しもしなくてはなりません。

そこで、サイドFIREしタイで暮らす43歳男性Tさん(仮名)に、一時帰国時の話を伺いました。

2022年6月に約2年半ぶりの一時帰国をしたTさんは、水際対策の影響で大変だったこともあったそう。

詳細とともに、一時帰国時の住まい探しのコツについても伺いました。

サイドFIREとは?
サイドFIREとは、資産収入と労働収入で生活するスタイルのこと。対してFIREは、引退したら一切労働をしないスタイル。

一時帰国の目的は、家族に会いに&ビザ関係

―――一時帰国の目的を教えていただけますか?

久々に家族に会いに。あとはビザの関係もあって一時帰国しました。

―――コロナの影響で、一時帰国の準備は大変でしたか?

以前と比較して、大変でしたね。

日本の水際対策は変わっていくのでしっかりチェックしていました。

一時帰国前にPCR検査をタイで受けないといけないのも面倒でしたね。

一時帰国の住まいは、実家とホテル

―――一時帰国の際、どこに滞在したのですか?ご実家ですか?

実家とホテルです。

実家は1週間程度過ごした程度で、あとは予定があって東京にいました。

―――東京にいた時は、どのような所に泊まっていたのですか?

Airbnbで予約したホテルに滞在していました。

ビジネスホテルみたいなところだったり、マンションのような雰囲気のホテルもありました。

一時帰国、住まいの費用は1か月どれくらい?

―――滞在費用は結構かかりましたか?1か月おいくらでしたか?

タイに比べるとかかりましたね。

シーズンの関係もあって、1か月で約12万円くらいいってしまいました。

東京はホテル高いです、やっぱり。

1~2年の頻度で、一時帰国をしたい

―――一時帰国はどのくらいの頻度でしたいですか?

1~2年に1回くらいですかね、特に用事もないので。

1年って結構早いので、なんだかんだ2年いかないくらいで一時帰国が自分にとってベストかなあと。

海外移住のメリット・デメリット

―――海外移住の良いところと、不便なところを教えてください。

海外移住の良いところは、タイなどの国に限ってかと思いますが、生活費が日本より安く済むところです。

あとは、外国人でいられるところですかね。

外国人だから仕方ないよねと許されるタイミングがあるのが助かります。

完璧でいなくて良いので楽です。

 

不便なところは、タイだと水道水が飲めないので、買わなくてはいけないところです。

最新家電(パソコンなど)を買おうとしたときは、日本ほど選択肢がないから不便ですね。

あとは、ビザ。

ビザはやっぱり面倒くさいです、申請も更新も、時間・費用ともにかかってしまうので。

一時帰国の際にすることとは?

―――一時帰国の際、日本で「これだけはしよう」ということはありますか?

一時帰国では薬を買いますね。

私、持病がありまして、日本でしか買えない自分にあった薬があるんです。

そうですね、あとは焼肉にたくさん行きます。

日本の焼肉は美味しいです、居酒屋もいいですね。

そして驚いたことがあるのですが、日本のスーパーの価格をみて「安っ!」と思いました。

タイだと日本食材が高いので。

納豆なんて50円切るくらいのものがあってビックリしました。

一時帰国で住みたい家とは?マスト設備と探し方のコツ

―――一時帰国で住みたい家はどんな家ですか?

快適な部屋が良いです。

豪華じゃなくて良くて、清潔で設備がちゃんとしている部屋であれば。

料金は月10万以下だと嬉しいですね、別に部屋は狭くても構わないので。

一時帰国は1か月程度なので、家具家電付きの部屋を選んでいます。

―――一時帰国の際の住まいの探し方のコツはありますか?

そうですね、繁忙期をなるべく避けながら、複数の予約サイトで比較することです。

コツとしては、サイトのキャンペーンや割引体制を理解しておくこと。

このサイトはよく使うから基本割引が入る、長期滞在の場合に割引が入るなど、各サイトあるんです。

あとは住みたいエリアをGoogleMAPで調べて、駅・スーパーやコンビニなどの位置を確認しておくのも、滞在中の生活しやすさに関わりますかね。

海外移住したい方へメッセージ

―――海外移住したい方に向けて、メッセージはありますか?

海外移住したいなら、しちゃいましょう。

海外移住したい人は、海外移住しない人よりも一歩前に進んでいる状態なので、もうしちゃった方がいいのかなって。

楽しいと思いますよ。

海外移住・一時帰国でお悩みの方へ

今回は、タイで暮らすTさんへお話を伺いました。ありがとうございました。

一時帰国の頻度は1~2年に一回で、1か月程度の滞在。

短期の滞在だとしても、快適な環境で暮らしたいですよね。

すぐに生活をして退去もできるとなれば、家具家電付きの家でなくては困ってしまいます。

荷物もありますし、駅から近い・車がなくても移動しやすい環境がベストですよね。

グローバル医職住ラボでは、一時帰国時の住まいにピッタリな家具付き物件・シェアハウスなど多数紹介中です。

海外経験が長いスタッフや、家具付き賃貸に詳しいスタッフも在籍しております。

一時帰国をはじめとした住まいでお悩みがある方は、ぜひ下記ボタンよりお話をお聞かせください。

詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. 日本帰国、検査なし入国が可能に!水際対策緩和内容をわかりやすく解説【2022年6月最新】

  2. 緊急事態宣言下、子育て世帯を応援「#緊急事態宣言下の子どもたちを応援!」キャンペーン

  3. タイ人から人気の「日本の文化」って?【タイ在住者コラム】

  4. 【外国人居住者は必見】日本の水災に備えて危機管理を徹底しよう!

  5. コロナ禍でも勢いがある企業「なんぼや」がタイ・バンコクへ進出

  6. 民泊ブームは止まらない!民泊・旅館業限定「管理手数料6か月0%キャンペーン」

Translate:

Translate »