海外移住の5つのメリット・デメリットとは?具体例とともに紹介

海外移住をしたいと思いつつも、なかなか踏み切れない方も多いでしょう。

本当に海外移住したいのか見極めるために、移住の良い点とリスクを見つめ直すことは、決断のための良いステップになるはずです。

そこで今回は、海外移住のメリット・デメリットをまとめました。

具体例とともにご覧ください。

海外移住のメリット5つ

さまざまな声・Webサイトを見てみると、海外移住のメリットがたくさんあげられています。

内容をみてみると、おおきく5つのメリットにわかれました。

海外移住のメリット5つ
①好みの気候の場所に住める
②物価の安い国で生活できる
③税の負担を減らして節税
④精神的・体力的に成長できる
⑤人脈・世界が広がる

各メリットをみていきましょう。

海外移住メリット①好みの気候の場所に住める

海外移住のメリット1つ目は、好みの気候の場所に住めることです。

日本は春夏秋冬がしっかりある国であり、寒暖差があります。

暑い場所が好きな人・寒い場所が苦手な人など、個人の好みはさまざまあるだけでなく、気候は体調にも影響します。

自分の身体に一番合う気候の国で暮らせば、身体の負担も減り健康的な暮らしが実現するでしょう。

また、地震や台風などの自然災害を避けたいと、移住を検討する人もいます。

海外移住メリット②物価の安い国で生活できる

海外移住のメリット2つ目は、物価の安さです。

物価が安い国で生活すれば、コストをさげてお得に暮らすことができます。

東南アジアのなかでも物価が安い国を選べば、日本の半分程度まで生活コストを下げることもできるでしょう。

老後に年金生活をしながら暮らすのであれば、物価の安さははずせないポイントです。

国によっては、王様のような暮らしも夢ではありません。

海外移住メリット③税の負担を減らして節税

海外移住のメリット3つ目は、節税効果です。

日本よりも税率が低い国へ移住することで、節税効果が期待できます。

ただしこれは、富裕層や経営者向けのメリットとなることがほとんどです。

海外移住メリット④精神的・体力的に成長できる

海外移住のメリット4つ目は、自分の成長につながることです。

海外で暮らし始めると、文化の違い・食事・生活環境などの違いを目の当たりに、驚くことでしょう。

心と身体が慣れるまでに、困難な状況に直面するかもしれません。

ただ、向き合って乗り越えていく度に、精神的・体力的に成長でき、これまでとは違う自分に出会えるはずです。

日本の自分・今の自分から抜け出したい・成長したい方は、海外移住が向いているといえるでしょう。

海外移住メリット⑤人脈・世界が広がる

海外移住のメリット5つ目は、人脈・世界が広がることです。

日本を飛び出せば、出会いの連続です。

単純に出会いの母数が増えるため、友達はもちろんビジネスにつながる人脈もつかめる可能性も高まります。

何かに新しく興味を持ったりモチベーションが上がったりと、新鮮な変化もあるはずです。

さまざまな人・価値観に触れることで、次第と世界も広がっていくことでしょう。

海外移住のデメリット5つ

海外移住にメリットがあるのは確かですが、デメリットがあるのも事実です。

よくある海外移住デメリットは以下5つ。

海外移住のデメリット5つ
①日本にいる友達と疎遠になってしまう
②現地での物価高騰による金銭的悩み
③ビザ関連の手配が面倒
④家探し・仕事探しが大変
⑤何かと不便なことがある

各内容をみていきましょう。

海外移住デメリット①日本にいる友達と疎遠になってしまう

海外移住のデメリット1つ目は、日本の友人との関係です。

海外にいるとなかなか飲みに行けない・会う機会が減るため、疎遠になりがち。

ただ、深い仲の友人とは関係性は保たれるでしょうし、一時帰国の際に友人と会うことがとびきり楽しくなるはずです。

海外移住デメリット②現地の物価高騰による金銭的悩み

海外移住のデメリット2つ目は、物価高騰による金銭面の悩みです。

現地で物価が突如高騰すると、家賃・生活費などの見直しが必要になる人も多いでしょう。

さらに円安も影響して、苦悩する海外移住者もたくさんいます。

ただ、日本にいても物価高騰の悩みはありますし、どこにいても金銭の悩みはつきまとうといえるかもしれません。

海外移住デメリット③ビザ関連の手配が面倒

海外移住のデメリット3つ目は、ビザ関連の手続き・手配の面倒さにあります。

海外で暮らすとなると、滞在許可(ビザ)を取得しなくてはなりませんし、許可を更新するための手続きも発生します。

このビザ取得は、日本人として日本で暮らすのであれば必要のないこと。

住むための権利を取得・申請しなくてはならないのかという気持ちと、手続きの煩雑さ・忘れると厄介ということが面倒だなと感じるのも無理ありません。

海外移住デメリット④家探し・仕事探しが大変

海外移住のデメリット4つ目は、家探し・仕事探し。

賃貸・購入含めて、外国人の家探しは難しいことが多いです。

たとえば、外国人だと審査が通りにくい・外国人価格になってしまうなど、トラブルがたくさん。

仕事探しも希望する職種・条件とマッチしないなど、大変だと感じることが多々あります。

根気強く続ける・協力者を見つけるなどが、対処策となるでしょう。

海外移住デメリット⑤何かと不便なことがある

海外移住のデメリット5つ目は、何かと不便だと感じることがあるところ。

文化の違いや言葉の違いで、上手くコミュニケーションがとれずに不便な思いをすることもあるでしょう。

ただ、移住してしばらく経つと、次第と慣れてくるという声が多くあります。

最初はギャップを感じるかもしれませんが、海外移住の楽しみとして捉え、向き合い続けるマインドが大切になりそうです。

海外移住が気になる・移住したいもののお悩みがある方へ

海外移住のメリット・デメリットを紹介しました。

メリットと背反してデメリットがありましたが、解決策は確かにあります。

これらを踏まえて、本当に海外移住したいのかを今一度問いかけてみてください。

より自分らしい選択のために、本記事がお役に立てれば幸いです。

 

グローバル医職住ラボでは、海外移住をしたい方へ向けてのお役立ち情報や、実際に海外移住をした人による体験談を紹介しています。

海外好きの方にピッタリなお得物件もご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

住まい相談(無料)はこちら

関連記事

  1. 日本と中国ではどう違うの?「七夕」の由来や現代の過ごし方について解説

  2. 「ウエノデ.パンダ春節祭2024」が開催―東京の冬の名物イベントに!

  3. 開始早々ハプニング!初めての海外駐在から学ぶ、アメリカ生活の心構え【体験談インタビュー第1弾】

  4. 人生100年時代【 60歳以上の方にお勧めの保険は?】ファイナンシャルプランニング松川加奈さんをインタビュー

  5. 賃貸住宅業界の最大イベント「賃貸住宅フェア2022」開催!

  6. 【蒲田の餃子“御三家”巡り】「金春(ジンチュン)」本店へ行ってきました

Translate:

  1. 外国人旅行者に人気の宿泊タイプは?ホテル・旅館?…

  2. 外国人に人気な宿泊エリアTOP5!外国人旅行者数の変…

  3. 日本への「外国人旅行者数」はどれくらい?コロナ前…

  4. 【春節はいつからいつまで?】 ―今年の元宵節は、西…

  5. 「揚琴演奏家・女子十二楽坊日本プロデュ―サー」,(…

  6. タイの春節(旧正月)は、提灯・赤い服&チャイナ服…

  7. 中国から日本入国、水際対策を要確認【入国情報・202…

  8. 日本に住む外国人の数はどれくらい?国籍・住んでい…

  9. 2023年一時帰国を検討している方へ【​​​​​一時帰国で…

  10. 障がい者についてどれぐらいご存じでしょうか?

  1. ウクライナ避難学生10名に住居を無料で提供|大型国…

  2. オシャレ&お得に滞在!コンセプト型シェアハウス「…

  3. 賃貸契約が難しいシニア必見!共生型シェアハウス微…

  4. 空き家情報がたくさん「アキヤリノバ ニュース」と高…

  5. 大阪住吉区「シニア女性と介護職女性」のためのシェ…

  6. 地域医療・コミュニケーション複合、シニア歓迎の住…

  7. レトロさが魅力の空き家再生シェアハウス「Roopt」入…

  8. まずはリビングのみ使用でシェアハウス生活に挑戦!

  9. ユーモア満載の新しいシェアハウス「モテアマス三軒…

  10. 仕事も趣味も満喫!大阪のおすすめシェアハウス厳選T…

グローバル医職住ラボ 運営会社

Translate »