長寿社会において自分らしく楽しく生きるとは?― 堀野智子さん、100歳でなお現役の販売員としてギネス認定

現代では、人生100年時代と称され、将来の高齢化に伴って不安を抱える人々が増えています。しかし、その中で喜ばしいニュースが飛び込んできました。

福島出身の堀野智子さんが、今年で100歳を迎えながらも、最高齢の女性ビューティアドバイザーとしてギネス世界記録に認定されたのです。 堀野智子さんは、果たしてどのようにして100歳という高齢に至りながらも現役として活躍し続けているのでしょうか?

その鍵になるヒントはどこに隠されているのでしょうか? 興味津々で調べてみました。ぜひご一読ください。

1.堀野智子さんは100歳という高齢で、どのようにお仕事をされているのでしょうか?

■プロフィール
名前:堀野智子氏

福島県福島市のポーラ桜水ショップでビューティディレクターを務める。
1923年(大正12年)4月9日、福島県で生まれ、現在100歳。彼女は5人兄弟の長女として育つ。
21歳で結婚し、専業主婦から電電公社での勤務を経て、 1962年4月15日には37歳で化粧品業界に飛び込む。
現在、彼女のキャリアは60年にも及び、100歳という高齢ながらも、ポーラの「最高齢美容部員」として活躍している。
2023年8月21日、福島市内で行われたギネス世界記録の公式認定証授賞式でその功績が称えられた。

新聞記事などを調べると、堀野智子さんは、女性の職が限られた1962年の当時、37歳という年齢で「子育てと仕事を両立させる」という新しいスタイルのもと、ポーラのビューティディレクターとしての職に就きました。それ以来、今日まで一貫してお仕事を続けてこられたようです。

現在、彼女は60年以上にわたるキャリアと100歳という年齢を持ち、ポーラの「最高齢美容部員」としてその地位を築いています。堀野智子さんは、長い経験から得た知識を活かし、顧客の好みや化粧品の特長、価格などを細かく把握し、丁寧な接客で人気を集めています。現在も週に1度、自宅から7キロ離れた職場までバス通勤を行っているそうです。

2. 最高齢の女性ビューティーアドバイザーとしてギネス世界記録に認定(100歳134日)

100歳を迎えながらも、現在福島市のポーラ桜水ショップでビューティーディレクターとして勤務する堀野智子さんは、 2023年8月21日、驚くべき偉業を達成しました。彼女は「最高齢の女性ビューティーアドバイザー」として、ギネス世界記録に認定されました。 堀野さんは60年以上にわたり、女性たちに美のアドバイスを提供し続けてきました。 堀野さん自身は「こんなに長い間、自分が認定を受けるとは思ってもみなかった。これからも健康で、大好きなポーラで仕事を続けていきたい」と語っています。

株式会社ポーラは、堀野智子さん(100歳)がギネス世界記録において 以下の条件で認定されたことを発表しました。(※2023年8月21日時点)

  1. この記録は、最高齢でビューティーアドバイザーとして働く人物を対象としています。
  2. この記録は、個人(女性)の挑戦によるものです。
  3. この記録は、年齢を年数と日数で表します。
  4. この記録においてのビューティーアドバイザーとは、関連する製品や肌のタイプ、メイクアップ技術に精通した化粧品の専門家を指します。

また、内堀雅雄知事から花束が贈られました。 堀野さんは福島県庁を訪れ、内堀知事にギネス認定を報告しました。 内堀知事は「堀野さんの元気な活躍は、県民だけでなく国民全体の励みとなっています」と述べ、花束を贈呈しました。

3. 長寿でありながら元気に働き続ける秘訣は何でしょうか?


「いつまで元気で働けるのか心配になることはありませんか?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。堀野さんがどのようにお仕事と向き合っているのか、その姿勢を探ってみました。

ポーラのビューティディレクターとは、全国に2700以上あるポーラのショップで、カウンセリングやエステティックメニューを提供する美容販売員の役割です。堀野さんは顧客に寄り添い、積極的に新製品の勉強会などにも参加しており、顧客に対して積極的な販売を行っているそうです。

新聞記事によれば、堀野さんは「お客さまが美しさを手に入れて喜んでくださることが何よりの喜びです。その気持ちだけでこれまで続けてきました。これからもできるだけ長く続けていきたいと思っています」と述べ、喜びを語っています。彼女の元気の秘訣は、「毎日を楽しく過ごすこと」だそうです。また、彼女は「些細なことにこだわらないこと」も大切だと語っています。

小さなことを気にせず、毎日を楽しむことが、健康な生活を維持し、そして長く働き続ける秘訣かもしれません。

人生100年時代を迎える中、堀野さんの姿から学ぶべきことが多く、不安も減少したことでしょう。

現在、日本は既に老齢社会の真っただ中に位置しており、他国も次々と老齢化社会へと向かっています。少子化の進行も加わり、様々な分野での協力が求められています。

かつては20年前でも、金さんや銀さんのような100歳の長寿者が珍しく、祝福と驚きの対象でした。しかしながら、今日では長寿だけでなく、健康で充実した長寿、その価値を楽しむ時代が到来しました。

今後、社会の変化にどう対応し、どのようにして働き続けるか。今回の記事を通じて、年齢を重ねても新たな挑戦を続ける重要性を改めて考えさせられ、多くの学びを得ることができました。

堀野さんの姿は、ずっと元気であり続け、特に女性の皆さんに明るい未来を示してくれました。彼女の例から、長寿の意義と可能性を理解し、未来への希望を抱くことができるでしょう。

 

【参考資料】

福島民報

100歳の「最高齢美容部員」がギネス認定

POLA

「生きている限り続けたい」100歳の“最高齢”美容部員、ギネス世界記録に認定 福島

100歳の「最高齢美容部員」がギネス認定 キャリア60年のポーラ堀野智子さん

 

 

■ライタープロフィール
名前:姜春姫(きょう・しゅんき)女性
「医・職・住」ラボでは、グローバルな視点で、日本と中国との高齢者が直面する医・職・住の問題を提起し、特に日本に住んでいる外国人の問題を提起する。
より詳しくはこちら

関連記事

  1. 【運動不足な外国人留学生必見】自宅でできる「運動系YouTube動画」オススメ3選

  2. 英語を生かし、アルバイト先のホテルで正社員に(ベトナム/Eさん)

  3. 【春節はいつからいつまで?】 ―今年の元宵節は、西暦でいうと2月5日

  4. 人材派遣会社インターンシップの後、就職(中国/Aさん)

  5. 新しいシニアの住まい「高齢者のシェアハウス」入居に向いている人&事例を紹介!

  6. 「老後は日本に帰りたい?」海外に住む日本人が本帰国を悩む理由

Translate:

  1. 外国人旅行者に人気の宿泊タイプは?ホテル・旅館?…

  2. 外国人に人気な宿泊エリアTOP5!外国人旅行者数の変…

  3. 日本への「外国人旅行者数」はどれくらい?コロナ前…

  4. 【春節はいつからいつまで?】 ―今年の元宵節は、西…

  5. 「揚琴演奏家・女子十二楽坊日本プロデュ―サー」,(…

  6. タイの春節(旧正月)は、提灯・赤い服&チャイナ服…

  7. 中国から日本入国、水際対策を要確認【入国情報・202…

  8. 日本に住む外国人の数はどれくらい?国籍・住んでい…

  9. 2023年一時帰国を検討している方へ【​​​​​一時帰国で…

  10. 障がい者についてどれぐらいご存じでしょうか?

  1. ウクライナ避難学生10名に住居を無料で提供|大型国…

  2. オシャレ&お得に滞在!コンセプト型シェアハウス「…

  3. 賃貸契約が難しいシニア必見!共生型シェアハウス微…

  4. 空き家情報がたくさん「アキヤリノバ ニュース」と高…

  5. 大阪住吉区「シニア女性と介護職女性」のためのシェ…

  6. 地域医療・コミュニケーション複合、シニア歓迎の住…

  7. レトロさが魅力の空き家再生シェアハウス「Roopt」入…

  8. まずはリビングのみ使用でシェアハウス生活に挑戦!

  9. ユーモア満載の新しいシェアハウス「モテアマス三軒…

  10. 仕事も趣味も満喫!大阪のおすすめシェアハウス厳選T…

グローバル医職住ラボ 運営会社

Translate »