日本帰国のハードルが下がった!水際対策の緩和内容とは?【2022年3月~】

日本への一時帰国を考える方に朗報です。

2022年3月より水際措置が緩和され、条件を満たす人は隔離なし入国が可能になりました。

厚生労働省が発表している内容を詳しくみていきましょう。

水際対策が緩和、大きな変更点は3つ

2022年3月より、水際措置が緩和されました。

緩和された点は大きく以下3つです。

  1. 入国後の隔離期間が軽減
  2. 自主隔離先までの移動に公共交通機関追加(※到着後24時間以内に限る)
  3. ブースター接種により隔離なし入国も可能(※感染指定国以外からの入国に限る)

画像引用:水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省

滞在していた国が、日本が指定する感染指定国に入っているかどうかを確認してみてください。(※情報は随時変更になるため、厚生労働省のサイトで最新情報のチェックが必要です)

画像引用:検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について|厚生労働省

日本帰国の際のPCR検査は、これまでと変わらず入国前・入国後の両方が必要です。

画像引用:検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出について|厚生労働省

滞在国が感染指定国ではない方の中で、ワクチン3回目(ブースター接種)が完了している方は、隔離なし入国が可能です。

なお、日本において有効と判定されるワクチンの種類は以下です。

画像引用:水際対策に係る新たな措置について|厚生労働省

日本へ帰国前は、厚生労働省のサイトを詳しくチェックしよう

オミクロン株が流行し、まだまだ水際対策は継続中。

しかし、規制緩和もあり、日本への一時帰国がしやすくなりました。

滞在国やブースター接種など、事前にチェック・準備を重ねて、スムーズに帰国できるよう整えてみてください。

グローバル医職住ラボでは、日本一時帰国の際に便利な住まいを紹介中です。

また、海外在住スタッフが、日本帰国などのリアルな情報を公開中。

予算やエリアとあわせて住まいの情報・最新の日本帰国の状態など、下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください。

詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. コロナ禍での一時帰国、自主隔離中の住まいをサポート「一時帰国.com」

  2. 【24年続く日中友好カラオケ大会】元祖の胡文娟(こ ぶんけん)社長にインタビュー

  3. 【地震発生後の被災時健康管理】被災地で健康維持はどう確保するか?

  4. 【中国の高齢者事情】老後の住まいは今、高齢者施設が選ばれています

  5. 【中国健康法四十肩・五十肩について】突然襲ってくる肩の痛みに!治療法とは?(1)

  6. お茶の間から企業まで豊かにする【日本生まれのロボット】3選

Translate:

Translate »