コロナ禍の日本帰国はハードルが高い!その理由とは?海外在住者の悩み【2022年最新】

コロナ禍の日本帰国・一時帰国は、手間とコストがかかります。

なかでも、帰国までの準備・自主隔離にあたる各種手配が面倒で、一時帰国の際の住まい探しも大変です。

この記事では、コロナ禍の日本帰国にまつわる悩みと、帰国時にチェックすべきサイトを紹介します。

コロナ禍、日本帰国を余儀なくされる2つの理由

コロナ禍であっても、日本へ帰国しなくてはならない状況に陥ることがあります。

理由は大きく2つです。

  1. ビザが切れる
  2. 家庭の事情

日本人として日本で暮らしていると、まず出会うことがないのがビザ問題。

日本人が海外で暮らすにはビザが必要で、更新が必要です。

観光や留学などでビザをとっている場合は、一度日本へ帰国して再入国・ビザ取得の手間がかかります。

家庭の事情は、実家へ顔をだす・お見舞い・介護など、さまざまです。

コロナ禍の日本帰国は、とにかく手続きの手間とお金がかかります。

コロナ禍の日本帰国、特に面倒な3つのこと

そもそも面倒なコロナ禍の日本帰国。

特に面倒なことが3つあります。

  1. 出発前のPCR検査
  2. 帰国後の交通手段の確保にコストがかかる
  3. 帰国時の滞在場所の確保が大変

まずは滞在国でPCR検査をしますが、72時間以内の陰性証明書が必要です。

指定のフォーマットで証明書を出してくれるクリニック探しに、時間内で空港まで行けるよう調整しなくてはなりません。

この時点で費用がかかりますし、面倒。

日本についたあとは、数日間の強制隔離と自主隔離が待っています。

自主隔離期間の滞在費・移動費は自費です。

実家の家族に送迎・実家で滞在であればコストはかかりませんが、実家が空港から遠い場合・家族に迷惑をかけたくない場合は、ハイヤー・宿泊施設を予約することになります。

通常であればかからない手間とお金がかかるわけです。

日本帰国にあたりチェックするサイト

コロナ禍の日本帰国で、要チェックのサイトは以下3つです。

  1. 各国の大使館サイト
  2. 厚生労働省サイト
  3. SNS(Twitter・Instagram・YouTube)

大使館・厚生労働省のサイトは、最新の正しい情報が掲載されています。

文字だらけで説明がわかりにくいことが正直ありますが、サイト内の最新情報をくまなくチェックすることが大切です。

また、リアルな状況・体験者談を探すには、SNSがおすすめ。

ただ、SNSは間違った情報もあるため、しっかりと見極めた上で活用してください。

日本帰国後、一時帰国の際に活用したい住まいの形

日本帰国後(一時帰国含む)の際、活用したい住まいの形は以下2つです。

  1. 家具付き物件
  2. シェアハウス

短期での滞在の場合、賃貸契約はコスパが悪いですよね。

家具を買いそろえることなく滞在でき、数か月単位から借りられるお部屋が一番。

そこで活用したいのが、家具付き物件・シェアハウスです。

家具付き物件は、物件にもよりますが短期での契約OK。

シェアハウスに抵抗がある方もいるかと思いますが、個室がある・綺麗なロビーがあると、賃貸ではなかなか住めないクオリティの家も低予算で探せます。

シェアハウスに住めば、共通の趣味や仕事でつながることもでき、仲間ができることでしょう。

当サイトでは、都内のお得な家具付き物件に加え、全国のシェアハウスのご紹介が可能です。

どのような物件があるのか、予算はどれくらいかなど、お気軽にお問い合わせください。

詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. 海外在住の日本人「帰りたいのに帰れない」知られざる実情とは

  2. 日本帰国後14日間どんな日々?意外な落とし穴と正しい情報確認先を徹底解説

  3. 世界を旅して、写真展を開催!その魅力に迫る!シニア世代のグローバルな生き方〈前編〉

  4. 中国語勉強大ヒット書「月刊『聴く中国語』」―王文芳社長をインタビュー

  5. 帰国前PCR検査撤廃はもうすぐ?2022年8月24日最新情報

  6. 開始早々ハプニング!初めての海外駐在から学ぶ、アメリカ生活の心構え【体験談インタビュー第1弾】

Translate:

Translate »