中国7回目全国人口調査からみる ―中国の少子高齢化問題―

中国では人口動態を把握するため、10年に1度全国の人口調査を実施します。今回は7回目の調査となります。国勢調査を行わない年は抽出調査をもとに総人口などを推計します。

中国の人口は世界一位不動のもの


今年の5月11日中国国家統計局は、2020年に実施した7回目全国人口調査の結果を発表しました。総人口は14億1177万8724人(香港、マカオ、台湾は含まれていない)、これは2010年の国勢調査と比べると7206万人増え、5.38%増加となります。10年来低スピードでありながら,人口増加を維持し、世界人口の18%を占め、世界最大の人口国をキープしています。

人口の平均年齢38.8歳

年齢から人口が多い順

年齢層 人口 比率
1位 15~59歳 89438万 63.35%
2位 60歳以上 26402万 18.70%
3位 0~14歳 25338万 17.95%
4位 65歳以上 19064万 13.50%

 

働ける年齢人口はどれぐらい?学歴程度は?

中国では、16~59歳までの年齢人口を働ける年齢とみなし、現在働ける人口は8.8.億人います。
労働力資源は十分あります。

他2.18億人は大学レベルの知識をもっています。10年前と比べてみると以下のとおりです。

【10万人の内大学レベルの人口】

2010年大学レベル人口 2020年大学レベル人口
8930人 15467人

 

【15歳及び15歳以上の人口が平均受けている教育年数】

2010年 2020年
9.08年 9.91年

 

【文盲率】

2010年 2020年
4.08% 2.67%

 

全国各省、市、自治区人口


出典:【国家統計局より】 (2021年5月)
広東省と山東省の人口が一番多く、一億人を超えています。チベット(西蔵)、青海、寧夏の人口は少なく、一千万人を超えていないです。

男女構成

―男性は女性より多いー

人口構成からみると、男性は723339956人,51.24%;女性は688438768人,48.76%で、男性は女性より3490万人多いです。

一家族3人から4人にー

出生人口からみると、一家族二人子供の比例は50%と大幅に増加しました。

2015年に一人っ子政策から二人っ子政策を提唱してから、出生人口は、二人っ子を占める比率は2013年の30%から2017年には50%となりました。

中国各都市の人口年齢構成比


出典:【国家統計局より】 (2021年5月)

以上のデーターからみると、チベット(西蔵)を除き、すべての省、自治区は、65歳或は65歳をこえ、老齢化比例は7%を超えています。

少子老龄化問題

一般的にいうと一つの国と地域で、もし60歳以上の高齢者が総人口の10%を占めると、或は65歳以上高齢者が総人口の7%を占めると、この国、地域が高齢化社会に突入したとみなします。
中国の高齢化社会はすでに進み、22年という異例と早いスピードで突入しました。高齢化が進むと労働力人口が減少し、経済発展にも影響を与えます。現在人口減少や加速する少子高齢化への対応が迫られています。
退職年齢の引き上げは、働き手を増やし、社会保障負担を和らげることを必要とされるでしょう。统计局の宁吉喆氏(アン ジズェ)が指摘したとおり「高齢化問題は今後中国の基本的な国情になるでしょう」。

参考:人民日報、国家統計局、ネット

■ライタープロフィール
名前:姜春姫(きょう・しゅんき)女性
「医・職・住」ラボでは、グローバルな視点で、日本と中国との高齢者が直面する医・職・住の問題を提起し、特に日本に住んでいる外国人の問題を提起する。
より詳しくはこちら


詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. 【日本に住んでいる外国人の老後生活】インタビュー① 残留孤児帰国2世

  2. 帰国者向け送迎付き宿泊プラン、関東から関西エリアまで拡大

  3. ここが良くてここ嫌!在留外国人に聞いた【日本の銀行】への本音とは?

  4. 【今を生きる輝かしい新華僑華人の女性】岩崎鳳秋さんをインタビュー(2)

  5. 日本に住む外国人へ、正しい情報を母国語で配信するメディア「Living in japan TV」

  6. 【日本に住んでいる外国人の介護生活】残留孤児帰国1世