日本で暮らす外国人が満足して生活できるように「私らしく暮らすための日本語ワークブック」発売

実践的な語学力を身につける教材を開発・販売する株式会社アルクが、「生活者としての外国人向け 私らしく暮らすための日本語ワークブック」を発売しました。

日本に住む外国人が満足して生活できるよう、日常で必要な日本語をわかりやすく解説している本です。

本の特徴

「私らしく暮らすための日本語ワークブック」の目的は以下です。

基本文型や、場面ごとの定型会話を学ぶのではなく、日本で暮らす外国人が、自分の望みをかなえ、満足して暮らすためにそれぞれに必要な日本語から学んでいきます。

引用:生活者としての外国人向け 私らしく暮らすための日本語ワークブック|アクル

地域の日本語教室で活用できる内容で、教える際のコツが掲載されている教師用ガイド(無料PDF)がついています。

日本で暮らす外国人が抱える悩みとは

日本で暮らす外国人、なかでも生活をスタートしたばかりの外国人は、私たちが気づかないようなところで迷い、悩んでいます。

母国の文化との違いにとまどいながらも、日本で生活をしなくてはなりません。

食事から日用品を入手するにしても、洋服を買ったり美容院へ行くにしても、思うように意図を伝えられないことが多くあります。

そこで活用したいのが、「私らしく暮らすための日本語ワークブック」。

本書は、日本で暮らし言語面で悩みを抱える外国人に、わかりやすく日常生活で必要な日本語を上手に教えるために、役立つ構成になっています。

英語・中国語・ベトナム語・ポルトガル語の翻訳付きです。

日本人のパートナーと組み、パートナーと対話をしながら日本語の勉強を進めていくところが特徴です。

本の活用方法

本に記載されている、日本語を教えるための基本的な構成と進め方は以下です。

■Hope to
どのような望みをかなえるための課なのか示されます。パートナーと内容を確認し進みましょう。

■あなたのこと1
日本人のパートナーと組んで、テーマに沿った質問に答えます。

■知っていることば・知りたいことば
テーマに沿った知っていることばを答え、知りたいことばを伝えることで語彙を増やします。

■あなたのこと2
「知っていることば・知りたいことば」で増やしたことばも使いながら、テーマについてそれぞれの好みや考えをパートナーと更に話していきます。

■やりたいこと(調べたいこと)
この課であなたが望みをかなえたいことを考えます。

■〇〇するために
例えばあなたが買い物をするために、髪を切りに行くために、必要なことをパートナーと一緒に情報収集します。

■あなたのフレーズ
課の中で出てきたやりたいことをかなえるために、あなたに必要なフレーズを練習します。

引用:PR TIMES

外国人に日本語を教えるためには、パートナーとなる日本人が外国人に寄り添い対話をする必要があります。

教師用ガイドには、話の聞き方から質問の仕方などのコツがまとめられているので、本書とあわせて活用することがおすすめです。

外国人の気持ちに寄り添い、日本で暮らしやすいよう言語面のサポートをしようa

日本に住む外国人を言語面でサポートするために、本書はおおいに役立ちます。

外国人へ日本語を教える際、上手に本書を活用して、外国人が満足して生活できるよう支援していきましょう。

関連記事

  1. 帰国者向け送迎付き宿泊プラン、関東から関西エリアまで拡大

  2. 【日本で抱える悩み】在留外国人に聞いた「ファッションの悩み」はこれ!

  3. コロナ禍での一時帰国、自主隔離中の住まいをサポート「一時帰国.com」

  4. 高齢者シェアハウスの料金が安い理由とは?メリット・デメリットとあわせて解説

  5. 【国際結婚】もう、日本に帰りたい。悩みと対処法を事例で解説

  6. コロナ禍でも行けるタイ。入国費用の内訳・隔離ホテルでの生活は?【体験談インタビュー後編】