履歴書の書き方(外国人求人豆知識)

For English
中国語

海外留学生必見!インターンシップの正しい履歴書の書き方

インターンシップに参加したい、そう思った時に必要になるのが「履歴書」です。履歴書は、インターン活動に必要な応募書類のひとつです。履歴書の内容は、自分の能力をアピールするために重要であり、インターン採用の判断基準になります。今回は、日本規定の履歴書の書き方を詳しく解説します。履歴書の正しい書き方をマスターして、企業に良い印象を与える履歴書を作成しましょう。

準備するもの

履歴書

インターン希望者が利用する履歴書は大きく2種類あります。1つ目は、日本が公的に認めている「JIS規格」の履歴書です。JIS規格の履歴書は、インターネット上でダウンロードすることができます。2つ目は、自分が通う大学や専門学校が作成している履歴書です。学校内の売店などで購入することができます。また、インターンシップ先の企業が専用の履歴書フォーマットを用意している場合もあります。

履歴書に貼る写真

履歴書には、自分の顔写真を貼ります。写真の一般的なサイズは、縦4㎝×横3㎝です。提出する期日から数えて、3ヶ月以内の写真を使用しましょう。写真の背景は白か水色で、余計なものが写り込まないようにすることが基本です。撮影時は、清潔感ある服装・髪型を心がけましょう。背筋を伸ばして前を向き、顎を少し引き、カメラ目線で撮影をします。この時、口角だけを上げやや微笑むと好印象を感じさせる写真になります。

黒ボールペン

履歴書を書く時は、黒色のボールペンを使用します。間違えてしまっても、修正液や二重線で訂正しないように注意しましょう。
履歴書作成時のチェックポイント
準備が整ったら、履歴書記入へ移りましょう。ここでは、履歴書を書く際の基本や、注意する点について説明します。

履歴書の基本

文字の大きさ

文字の大きさは、履歴書に印刷されている文字の2倍が目安です。黒ボールペンを使用し丁寧に書き、誤字脱字がないように注意しましょう。他の紙に下書きをしてから履歴書を書くと、ミスを防ぐことができて安心です。

修正液や二重線で訂正しない

間違えてしまった際は、修正液や二重線で訂正せず、新しい履歴書に再度書き直しましょう。間違えてしまった事を想定して、履歴書を多めに用意しておくといいでしょう。

正式名称で書く

住所や学歴、資格は、略さずに正式名称で記入しましょう。基本的に、卒業した順番・資格を取得した順番で書きます。取得資格が多い場合は、難易度が高い資格や取得年度が新しいもの、仕事に関連があるものなどを優先して記入しましょう。

西暦、和暦を揃える

学歴・資格は、年を記入する欄があります。年を記入する際は、日本の年号(和暦)を使用するか、西暦で記入しましょう。この時、和暦を使用するなら和暦、西暦なら西暦と統一させましょう。

履歴書でアピールするポイント

簡潔に書くことが大切

アピールするために、たくさん書きたい…と思うところですが、長くダラダラと書いてしまうのはNG。簡潔にまとめ、採用担当者に伝わりやすい文章にすることが大切です。

得意科目や語学スキルで自分をアピール

大学や専門学校で行なった研究内容や、自分の得意科目を書きましょう。また、語学スキルはインターン先で重要視される項目のひとつです。何語をどの程度使うことができるのかを明確にさせて記入しましょう。インターン先で活かすことができる力を、自分の得意分野と交えてアピールすることが大切です。

志望理由で企業への熱意を簡潔に伝える

志望動機では、「企業を選んだ理由」「インターン時に活かせるスキル」「インターン後のビジョン」を記入しましょう。どのような業務でどのようなことができるのか、その後はどうなりたいのかを、具体的に伝えることがポイントです。

履歴書の注意点

日付

履歴書の右上に、日付を記入する箇所があります。日付は、履歴書を記入した日ではなく、企業に提出する日を記入します。郵送で企業に提出する場合は、投函日を記入します。日付は後で書くことが多いため、忘れがちな項目です。提出する前に、記入漏れがないかを確認しましょう。

記入漏れや誤字脱字がないか

履歴書が完成したら、記入漏れや誤字脱字がないか最終チェックをしましょう。履歴書は自己紹介にもなり、自分をアピールするための大切なツールです。自信を持って提出することができるよう、最後の確認をしっかりと行いましょう。

提出する履歴書はコピーをとる

提出をする前に、完成した履歴書のコピーをとっておきましょう。どのような内容で企業に履歴書を出したのか、提出後に確認をするためです。また、他の企業宛に履歴書を書く時の参考にもなります。
履歴書は、インターンシップ先を決めるための第一歩です。自分の魅力を知ってもらい、インターンに対する熱意を伝えることができるよう、正しい書き方で作成することが大切です。自分が行きたいインターン先とのご縁を築いて、充実したインターンシップライフを送ることができるようにしましょう。

関連記事

  1. ネパールと日本での就活の違い(外国人雇用豆知識)

  2. 【外国技能留学生必看 】不断扩大的再就业支援服务

  3. 关于日本企业文化 ≪中国語≫

  4. 面向外国留学生的网络研讨会陆续举办!讲解内容和要点

  5. 外国人労働者との言語の壁をなくす!「Buddycom」の翻訳機能がパワーアップ

  6. 从茶余饭后到丰富企业内涵的[日本诞生的机器人]3选