コロナ禍でも勢いがある企業「なんぼや」がタイ・バンコクへ進出

ブランド買取「なんぼや」が、タイ1号店となる「NANBOYA Thailand Thonglor Store(なんぼやタイランド・トンロー店)」をオープンしました。

コロナ禍、勢い良く海外進出をしている注目企業です。

この記事では、どのような企業なのか・どのエリアに出店したのか紹介します。

ブランド買取「なんぼや」とは?

「なんぼや」は、海外ブランドを中心に高価買取・査定を行っている会社です。

時計やジュエリー、バッグに骨董品、アパレルから食器、不動産まで幅広く対応しています。

日本全国で展開しているため、知っている・利用したことがあるという人も多いでしょう。

タイ・バンコク進出の目的は、東南アジアでの認知拡大

「なんぼや」がバンコク進出した目的は、東南アジアでの認知拡大が狙いです。

タイは、日本企業の進出が増加の一途を辿っており、日本製品やサービスもどんどん広がっています。

日本製品は、タイ人から「質が良い」と評価され、日本のブランドやサービスに信頼感を抱く人が多いようです。

リユース文化が浸透してきたタイにとって、日本のリユース品は高品質で魅力あるものとして好まれているそう。

「なんぼや」の商品であれば、お得で納得いく買い物ができることでしょう。

タイ1号店ができた「トンロー」はどんな街?

タイ1号店「NANBOYA Thailand Thonglor Store」は、バンコクのトンローという街に出店しました。

トンローは、プロンポンとならび日本人が多く住む、まさにリトルジャパンともいえるエリアです。

外国人駐在員や、タイ人の富裕層もたくさん暮らしています。

トンローの街は、オフィスはじめ商業施設が立ち並び、タイ人からはセレブの集まる街として人気が高いです。

お洒落なカフェや複合施設、ドン・キホーテまであり、ショッピングには困りません。

今後の動きにも注目

バンコク1号店で認知度アップ・顧客を掴み、2号店進出を目指している「なんぼや」。

さらに、アメリカ・ヨーロッパへの進出も視野に入れているそうです。

今後の動きに目が離せません。

【店舗概要】
・店舗名:NANBOYA Thailand Thonglor(なんぼや タイランド・トンロー)店
・住所:Unit A 101, 124 Soi Sukhumvit 53, Thonglor Rd, Khong Tan Nuea,Watthana, Bangkok 10110, Thailand
・オープン:2021年1月18日(月)
・営業時間:10:00~18:00(現地時間)
・買取ジャンル:時計、バッグ、ジュエリー、小物
・対応言語:タイ語、英語
・Facebook:https://www.facebook.com/nanboya.th (@nanboya.th)
・Instagram:https://www.instagram.com/nanboya.th/ (@nanboya.th)

バリュエンスインターナショナルリミテッド
・設立:2008年11月19日(グループ化:2015年9月)
・代表取締役社長:六車 進
・本社所在地:7F&8F, Nathan Hill, 38 Hillwood Road, Tsim Sha Tsui,Kowloon, Hong Kong
・事業内容:ブランド品、貴金属、宝石等の買取・販売

バリュエンスホールディングス株式会社
・設立:2011年12月28日
・代表取締役社長:嵜本 晋輔
・本社所在地:東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス28階
・事業内容:グループ全体の経営・マネジメント強化、戦略立案・策定、企業価値の最大化
※バリュエンスインターナショナルは、東証マザーズ上場 バリュエンスホールディングスのグループ企業です。
出典:PR TIMES

関連記事

  1. 【運動不足な外国人留学生必見】自宅でできる「運動系YouTube動画」オススメ3選

  2. 【外国人は日本を旅行したい!?】在留外国人に聞いた国内旅行について調査!

  3. 【日本語が不安な外国人必見】スマホでできる「日本語学習サイト」オープン!

  4. open-book

    【ベトナム】ASEAN・韓国・日本の学生向け「ICT奨学金プログラム」募集開始

  5. 【コロナ過日本に住んでいる外国人減少】在日中国人数は依然トップ

  6. 日本語教師として中国へ!その魅力に迫る!シニア世代のグローバルな生き方〈後編〉