映像クリエイターとは(外国人求人豆知識)

映像クリエイターとは、映像制作に関わる職種のことです。

For English
中国語

外国人に人気な「映像クリエイター」の仕事とは?

インターンシップに参加したい、将来性のある職種にチャレンジしてみたい。そうした人に人気なのが、「映像クリエイター」のお仕事です。映像クリエイターとはいったいどのような仕事内容なのか、留学生のインターン先として人気な理由とあわせて詳しくご説明します。

映像クリエイターとは

映像クリエイターとは、映像制作に関わる職種のことです。主に、テレビ番組・CMの制作や、ミュージックビデオ、アニメーション、映画、ゲーム、WEBコンテンツなどを担当します。
映像クリエイターは動画クリエイターとも表現されることがあります。どちらも、制作系・技術系の2つに分けられます。
映像クリエイターになるためには、特に必要な資格はありません。未経験からでもスタートしやすいお仕事です。また、専門学校や大学で学んだ映像制作の知識を活かすことができます。独学でスタートする人も多く、現場での業務をしながらスキルアップが望めるお仕事です。

近年、動画をはじめアニメーションやゲームなど、映像コンテンツは発展し続けています。また、企業のPRなどでも映像が重要視される傾向にあるため、将来性がある職種といえるでしょう。 YouTubeなど、個人でも動画制作を行う場面が多くあり、映像クリエイターとしての需要は高まっているのが現状です。

映像クリエイターが人気な理由

将来性がある

YouTubeをはじめ、CM、プロモーションなど、動画業界の需要は高まる一方です。映像というアプローチは、今後ますます発展を遂げるでしょう。その中で、映像クリエイターは必要とされる職種であるため、将来性があるお仕事といえます。一度スキルを身に付けてしまえば、転職活動などにも有利です。

未経験でも始めることができる

映像クリエイターは、未経験からでもチャレンジできる職種です。特別な資格は必要なく、やる気があれば誰でも始めることができるところが魅力です。研修制度がある企業も多くあり、働きながら学ぶことができます。また、現場で実際にツールを使用して学べば、スキルが身に付けやすい職種でもあります。

アイディアを形にして表現する楽しさがある

映像クリエイターのお仕事は、センスやテクニックが求められます。その中で、自分の発想を実際に形にできるところが、お仕事のやりがいに繋がります。映像クリエイターは、頭の中で考えていたことを自分の感性を活かし、実際に映像で表現します。映像にして人に見てもらった際に、達成感や充実感を感じることができます。また、斬新なアイディアが求められる場合もあるため、チャレンジ精神が旺盛な人にとっては魅力的な職業です。

反響がわかりやすい

映像とは、人の視覚や感覚にダイレクトに訴えかける手法です。SNSが発展している現代では、自分が制作した映像の反響がわかやすく、「面白かった」などの実際の声を聞くことができます。自分の制作物の評価を聞き、今後の制作に活かしやすい職種です。良い評価を聞くことが、お仕事の達成感へと繋がります。

自分の作品が残る

お仕事で制作した作品は、世の中に映像という形で残ります。自分が手掛けた作品を見かけた際の喜びは、映像クリエイターならではのものです。また、残った作品は、転職時に企業に提示できるポートフォリオとしても役立ちます。

向いている人

アイディアが豊富

映像クリエイターで、ディレクターの職種に就く場合、企画力が求められます。その際は、想像力豊かな発想や斬新な発想が求められることが多くあります。映像クリエイターは、ゼロから創り出す力、映像分野に興味がある人にピッタリのお仕事です。

好奇心旺盛

映像の手法は、日々進化しています。3DやVRなどの技術をはじめ、新しい技術を学びたいという好奇心や向上心がある人に向いているお仕事です。変化に柔軟で、新しく良いものを取り入れたいという思考があれば、映像クリエイターとして成長していけるでしょう。

センスや感性に自信がある

映像クリエイターは、センスが求められる職種です。また、自分の感性を映像として表現するため、自分のイメージや考える力に自信がある人に向いています。また、テクニックも同時に求められるので、より良い手法で魅力ある作品を作りたいという人に向いているお仕事です。

仕事内容

映像クリエイターは、制作系と技術系の大きく2つの職種に分かれます。

制作系

制作系は、プロデューサーやディレクター、アシスタントディレクターなど、映像・動画の企画から制作、指示、補佐までを行うお仕事です。制作系のお仕事は、企画力や管理能力が重要視されます。

プロデューサー

プロデューサーは、全体を指揮する役割のお仕事です。企画から交渉、資金調達から予算管理、スケジュール管理やマネジメントまで携わります。企画力はもちろん、制作全体の責任者ともいえるポジションであるため、管理能力が求められる職種です。さらに、業界での人脈作りや人脈の広さも大切になってきます。

アシスタントプロデューサー

アシスタントプロデューサーは、プロデューサーの補佐を担当するお仕事です。プロデューサーになるためには、まずアシスタントプロデューサーとして経験の中で、知識や人脈、スキルを身に付けていきます。

ディレクター

ディレクターは、プロデューサーの指示の元、制作から演出までを担当します。現場では、カメラマンやキャストなど制作に関わるスタッフに指示を出します。プロデューサーの企画が上手く表現できるように周りを動かし、映像を制作していくお仕事です。映像制作の知識はもちろん、演出の知識が求められます。

アシスタントディレクター

アシスタントディレクターは、ディレクターの補佐を担当するお仕事です。ディレクターとして成長するためには、アシスタントディレクターとしての経験を積み、知識と技術を身に付けていきます。

技術系

技術系は、専門の技術を駆使して映像の編集全般を行うお仕事です。編集オペレーターやCGクリエイター、音声など、それぞれ担当する職種に応じて専門技術があります。

編集オペレーター

ディレクターの指示の元、映像を編集します。主に、カット編集やテロップ入れ、音楽や音声入れを担当します。多くの場合、Adobe AfterEffectsをはじめとした動画編集ソフトを使用して、編集作業を行います。

CGクリエイター

CG(コンピューターグラフィックス)を駆使して、画像や動画、イラストを作成するお仕事です。TVやCM、ゲームなどで使用されるアニメーション・映画やドラマで使用される合成写真などの素材を、Adobe AfterEffectsや3dsMaxなどのソフトを使用して作成します。

音声

音声のお仕事は、担当する分野で細かく分かれます。ナレーションやBGMなどを映像データに合うように調節するMAミキサー、効果音を加える音響効果、音声録音をする録音技師などです。どれも、映像をより引き立たせる音声に関わる職種です。

まとめ

映像クリエイターは、未経験からでもチャレンジしやすく、現場でスキルアップが望める職種です。今後益々の発展を遂げる映像業界は、将来性が豊かであり、多くの映像クリエイターが必要とされるでしょう。スキルを身に付ければ様々な場所で活躍できる、充実感溢れるお仕事です。

関連記事

  1. 日本で働きたい外国人必見!オンライン日本語学習がより気軽に

  2. shisa

    【コロナウイルス】沖縄県の外国人労働者の現状、地元住民の協力と支援

  3. food

    外国人留学生に「お弁当」を無償配布、居酒屋代表の想いと行動力

  4. どうやって見つけるの? 在留外国人の「アルバイト求人」の実態とは?

  5. 对于外国人来说成为受欢迎的酒店员工的工作是什么呢?≪中国語≫

  6. 英語を生かし、アルバイト先のホテルで正社員に(ベトナム/Eさん)