【コロナ対策特集】稲葉貞子先生の実体験をインタビュー!!!

コロナはすでに私達の身の回りに潜んでいます。本日は、稲葉先生が体験したコロナ患者との実際体験をそのまま記録し、これが読者のコロナ予防に役立つことを願います。また以下の内容は、稲葉先生の個人見解でもありますので、ご参考になれば幸いです。どうぞ御覧ください。

■プロフィール:稲葉 貞子
・中国吉林省出身40代
・中国国家資格:中国中医師
・日本国家資格:はり師免許、きゅう師免許取、あん摩マッサージ指圧免許、登録販売者取得
・北里大学東洋医学研究所 鍼灸臨床研修終了
・現在東京安泰漢方鍼灸院院長

【風邪かコロナか区別がつかない】

━━━貞子先生の患者さんがコロナにかかり、その初期対応に先生がかかわったと伺いました。その経過を話して頂けませんか?

貞子先生:そうですね、これはコロナが本当に身近くいると実感した出来事でした。8月10日に私の患者Mさんのご家族におきた実話です。まずはMさんの次女が38度の熱があるとのことが始まりました。

【Mさん家族にとって8月10日は悪夢の始まり】

【普通の風邪と同じ症状】

━━━Mさんご家族の病状はいかがでしたでしょうか?

貞子先生:以下はMさんの次女、長男の症状記録です。普通の風邪と同じ症状でした。

Mさんの次女:8月10日、発熱39度、食欲不振、節々の痛みを訴え、漢方「麻黄湯」を飲ませたところ、2日後に軽い咳だけでほかの症状はなくなりました。

Mさん長男:立て続けに、Mさんの長男が40度の熱に、喉の痛み、節々の痛み、食欲不振など同じ症状を訴え、同じく漢方「麻黄湯」を飲ませました。長男も2日後鼻水だけほかの症状はなくなりました。ここまでは、普通の風邪かと思いました。

38度の熱では、PCR検査を受けてもらえず

━━━その後Mさんのご主人もMさんも熱が出たと伺いましたが、病状はいかがでしたでしょうか?

貞子先生:はい、以下はMさんのご主人の症状記録です。

Mさんのご主人:子供たちが直った矢先で、Mさんのご主人が38度の熱、喉の痛みを訴えました。念の為、手元にある抗原検査キットで検査した結果は陰性。すぐ保健所が案内した病院に電話しましたが、PCR検査を受ける時期ではないと断られました。

仕方なく自宅で漢方「麻黄湯、桔梗湯、黄連解毒散」を服用させました。38度左右の熱がなかなか下がらないので、ほぼ毎日保健所が案内した病院へ連絡しました。38度の熱では、受診受付をしてくれませんでした。時間の経過と共に咳の音が最初と違うので、漢方「清肺湯」をすすめました。

Mさん本人:そのうち、Mさんも風邪かなと感じて、自宅の抗原検査キットで検査した結果は陽性でした。

PCRを受け、家族全員陽性と判明

━━━家族全員は、PCRを受けましたが、どんな状況でしたでしょうか?

貞子先生:その後夫婦とも38度で、保健所でPCRを受けられました。夫婦とも抗原検査結果が陽性と判明されました。

夫婦が陽性と診断された2日後、子どもたちもPCR検査を受けましたが、結果は陽性でした。子供たちは、検査を受ける当時、症状は全くなかったです。

保健所の対応

陽性診断を受けたMさん夫婦は、病院からカロナールだけもらい、保健所からは、当時の症状で自宅療養をすすめた上に、バルスオキシメーター(酸素濃度計り)および使用方をポストインしてくれました。

コロナ病状悪化「えみクリニック東大前」に連絡

━━━Mさんご夫婦がコロナと判断されてから、どう対応されたのですか?

貞子先生:Mさんの主人は少しずつ良くなりましたが、最後にかかったMさんの症状は日々重くなってきました。熱が40度、酸素飽和濃度が94になりました。しかし基準が93以下とのことで、保健所からは現状観察だけと言われました。

もしものことを思って、すぐ「えみクリニック東大前」にLINE診察を申し込みました。熱が40度までなり意識が朦朧となったMさんが予約した時間を逃しましたが、再び連絡すると、吉永先生は優しく診察をしてくれました。

コロナ診察および対応に経験豊富な吉永先生の手配で2時間以内に薬をポストインで届いてきました。

現在上記に書いた通りに、Mさんご夫婦はコロナ後療養中です。

後遺症

━━━コロナにかかり、重症にはならずでよかったのですが、その後はどうですか?

貞子先生:先月Mさんご家族4人がコロナにかかって、やっと病み上がったばかりです。現在、Mさんの子供たちには、目立つ後遺症が見られませんが、Mさんのご主人は無気力感で血液検査した結果、糖尿病の疑いがあり、Mさんは時々深い咳、激しい頭痛と火照り感があるようです。

変異株には更に注意が必要

━━━貞子先生に教えて頂きたいですが、私達は今後どのように予防すればよいでしょうか?

貞子先生:コロナ新規陽性者数は減少していますが、飛び交っている変異株のニュースを聞くと気を緩めません。Mさんの事例からこのご情勢で2点は必ず注意をしてほしいと思います。

第一、コロナ予防

・マスク・手洗い・うがいをしっかり守り、3密を避けること

・BMJ(British Medical Journal)雑誌に載せた観察研究結果により女性に優位さがある、マルチビタミン・オメガ3系脂肪酸・プロバイオティクス・ビタミンDをすすめます。ただ、過剰接収は禁物。

・十分な睡眠・規則正しい生活を行うこと

・肺経絡マッサージを思いついたらすること

第二、風邪きみを感じた時に備えをする

Mさんの事例からも、一般的にPCR検査をしない限り、初期段階では普通の風邪かコロナか判断しにくいです。そして熱がある場合、受診できる病院が限られています。都道府県のマニュアルはこちらで重複しません。個人の体験から備えればよかったと思ったことを述べます。

①発熱した場合、すぐ診察してくれる病院を調べておくこと。(日本の文化でかかりつけ医をお勧めです。かかりつけ医に発熱外来があるか確認しておきましょう。発熱する場合診察せず保健所に回す場合があります。)

②市販の抗原検査キット2、3個手元におくこと、(100%検出できると断定できませんが、一定の判断材料にはなります。)

③初期症状では一般的に解熱剤しか処方しないケースが多いです。(コロナに診断された場合、漢方も処方する病院を事前に調べておくか、手元に日本中医協会がすすめする漢方を用意すると便利です。)

④コロナが治った後、いろんな後遺症で苦しむ方が多いです。時間の経過に任せて良くなることもありますが、病み上がりでは体力消耗も激しかったことで、栄養摂取はもちろん、場合によって症状に合う漢方を勧めます。漢方相談は漢方医か漢方薬局に。

⑤重症状の場合、入院先に治療方針を任せること。

この度貞子先生は、Mさんの家族がコロナにかかった経由から治癒過程を惜しまなくご紹介し、予防対策の必要性を呼びかけ、風邪気味の段階から備えをし、コロナ初期段階からしっかり防備するその大切さをわかりやすく説明してくれました。読者の皆さん、是非油断せず、経験を生かし、ご自身を守りましょう。貴重な体験話をしてくださった貞子先生、本当にありがとうございました。

お問い合わせは、直接安泰漢方鍼灸院へhttp://antai.link/

 

■ライタープロフィール
名前:姜春姫(きょう・しゅんき)女性
「医・職・住」ラボでは、グローバルな視点で、日本と中国との高齢者が直面する医・職・住の問題を提起し、特に日本に住んでいる外国人の問題を提起する。
より詳しくはこちら

関連記事

  1. 人生100年時代【 60歳以上の方にお勧めの保険は?】ファイナンシャルプランニング松川加奈さんをインタビュー

  2. 【外国人労働者100人に聞いた】日本企業のイメージは?外国人労働者の労働満足度は何%?

  3. IS毕业实习 日本式商务礼仪 (Japanese Business Manners)

  4. 履歴書の書き方(外国人求人豆知識)

  5. 謹賀新年!本年もどうぞよろしくお願い致します!

  6. okinawa-haibisukasu

    沖縄セルラーが留学生の多い琉球大学へ最大2500万円寄付「1人あたり10万円」

Translate:

Translate »