不動産会社インターンシップを経て就職(台湾/Gさん)

遠方の埼玉県で住まいも用意

Gさん(台湾)は地元の大学を卒業した後、日本の専門学校で音楽制作の勉強をしていました。
しかし、音楽制作では日本で就職するのは難しい。そこで先生から、不動産業界の1ヶ月間のインターンシップを紹介されました。

遠方の埼玉県で住まいも用意するという中小企業があり、引っ越してでもやってみようと決めました。
仕事は大変でしたが、いろいろなことに挑戦させてもらい、自信がついたとのこと。社員にならないかとの話があり、入社を決心しました。

「チャンスはどこにあるか分からない。どんな会社なのかを知ってから就職する方がいい」とGさんは話しています。

関連記事

  1. “实时”查看全球新型冠状病毒状况,把握感染动向并采取预防措施

  2. 従業員だけでなく就活生への配慮も【日本企業の新型コロナウイルス対策】

  3. 飲食接客とは(外国人求人豆知識)

  4. 中国の少子高齢化社会における介護の現状と政策について(1)天津

  5. 人材派遣会社インターンシップの後、就職(中国/Aさん)

  6. 【外国人技能留学生は必見】広がる再就職支援サービス

Translate:

Translate »