【おうち時間で異文化体験】在留外国人が講師として活躍する海外文化のオンライン教室「CLUCHI(カルーチ)」とは?

新型コロナ感染症を機に、在留外国人の就労機会が損失したのは周知に事実ですが、最近では各企業が在留外国人をバックアップするサービスが始まってきています。

今回ご紹介する海外文化のオンライン教室「CLUCHI(カルーチ)」もその一つです。どんなものなのか早速見ていきましょう。

在留外国人が活躍する「CLUCHI(カルーチ)」とは?


Guidable株式会社は、2020年4月より海外文化のオンライン教室「CLUCHI(カルーチ)」をスタート。同社はこれまで、求人サービス「Guidable Jobs」で190カ国・3万人を超える在留外国人の登録者を獲得してきました。この豊富な在留外国人ネットワークを利用して、日本と異文化の架け橋となるCLUCHIを始めることに。サービス名称は「Culture(カルチャー)」と「UCHI(家・うち)」をかけた造語で、「海外の文化を気軽におうちで学ぼう」という意味が込められています。

在留外国人が講師として活躍

CLUCHIは、在留外国人が地元の文化を日本語を交えて教えてくれます。時差などを気にせず、言語の壁を越えて異文化を学べるのが特長です。講師の日本語能力に応じて「英語」「英語+日本語(3段階)」「日本語」の全5段階でレッスンスタイルを掲示していて、学びたい文化とコミュニケーションのレベルをあらかじめ把握したうえでレッスンに臨むことが可能です。

家にいながら海外文化を学べる!

CLUCHIは、2020年7月22日に学べる海外文化を30カ国まで拡大すると共に、ユーザー/講師向けレッスン管理などのサービス機能をアップデート。アップデートによってレッスン数は、30カ国の在留外国人58名によるレッスンを75件まで拡大しました。上半期中に開設するレッスン数の計画を100件へ引き上げることで、渡航制限が続く状況下でも、家にいながら海外文化に触れる機会が多くなります。

「CLUCHI」の新たな機能

サービス機能のアップデートによって、新たにユーザーログイン機能を用意しました。マイページからレッスンの予定や過去に受講したレッスンのスケジュール確認、チャット機能を実装したことで先生とのコミュニケーションをCLUCHIサービス内で完結できるようになりました。

また、登録ユーザー以外にも、レッスン詳細ページから予約可能な日程、レッスン内容を確認しやすくWebサイトをアップデートしました。検索機能を追加したことでキーワードによるレッスン検索が可能になったほか、希望する日程やカテゴリ別、講師の出身地域別で学びたいレッスンを選択できるようになりました。

在留外国人・日本人ともに有意義な時間を過ごせる

CLUCHIの魅力は、在留外国人に働ける環境を与えられ、日本人には家にいながら異文化を学べる時間を与えられるという、双方にメリットがあるサービスです。新型コロナウイルスによってテレワークなど“おうち時間”を余儀なくされるなか、時間を浪費するだけでなく、外国語の勉強や、お子さまの異文化体験など、おうちにいながらも知識の幅を広げられます。

CLUCHIサービス概要

■サービスサイト
https://cluchi.com/

■サービス内容
日本在住の在留外国人から、自国の文化を日本語で学べる

■所要時間
30分~60分(講師の内容に基づく)

■サービス価格
300円~3000円(講師の内容に基づく)

■決済方法
PayPay、LINE Pay、PayPal(クレジットカード)

おうち時間を充実させたい方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

出典:PRTIMES

関連記事

  1. 日本の企業文化について(外国人求人豆知識)

  2. 営業とは(外国人求人豆知識)

  3. 外国人採用を考える企業が考えるべきこと(外国人雇用豆知識)

  4. What is Sales?

  5. What is a popular IT engineer job for foreign nationals?

  6. 外国人が日本企業で悩むこととは?(外国人雇用豆知識)