「日本女性作家協会」会長・弥生氏のエッセイ集『桂花之下(甘い香りのキンモクセイの下で)』読書感想会

弥生氏は1984年に日本に留学してから今年でまる40年。彼女はエッセイ集「桂花之下」(甘い香りのキンモクセイの下で)の新書を執筆し、一月末にはシェアリング会が盛大に開催されました。

この開催については、すでに前回の記事でご紹介しました。今回は、読者の方々からどのような反響や感想があったのか、読者の視点からの評価や受け止め方について、抜粋してご紹介したいと思います。

プロフィール

氏名:弥生,和富弥生,旧名、祁放。

日本在住の詩人、作家。
日本中国女性作家協会会長
華文女性作家協会会員

作品は国内の「文藝報」、「詩刊」「山東文学」「長河」、「斉魯晩報」「世界華文文学ネット」「凤凰ネット」「香港文学」「香港作家」「文狐ネット」に掲載されています。日本の「中文导報」」のほか、米国、東南アジア、その他の国の中国語メディアでも掲載されています。代表作に詩集『永遠の少女』『心のあいだ』、エッセイ集『あの頃日本をさまよう』『キンモクセイの花の下で』など。

杏林大学の教授、劉迪先生のご感想:「伝統を守り続ける」- 「守望伝統」の一部を抜粋

今日ここに来て、弥生氏の新しい本を皆さんと共有できることを光栄に思います。 私たちは本土から遠く離れた海外の、非常に小さな中国語圏コミュニティに住んでいます。この本を一緒に共有することは、中国語圏コミュニティを守るという私たちの意志の証です。 2023年、コロナ禍が終息し、空を飛ぶ飛行機、線路を走る路面電車、街を歩く人々…すべてが元に戻ったかのように見えますが、見方を変えると社会には大きな変化が起こってきました。 例えば、授業中でも学生達はあまり質問をしませんし、一般的に沈黙をしています..。実際、中国、日本、その他の国を問わず、人々はコロナ禍においてインターネットを介してコミュニケーションをとることに慣れてきました。人々はもはや共同体意識を持たず、コミュニケーションをとるために一緒に座ることに慣れていません。この変化は目に見えず、静かです。

多くの中国人が海外に移住し、定住しましたが、二世、三世がいまや海外に行ったとしても、彼らは現地の文化に同化し、中国語で書くことに興味を持ちません。 したがって、このようなイベントを今日開催することは非常に必要であり、それ自体が私たちの意志を確認するものであり、同時に、中国語と文字を次の世代に引き継ぐことができればと願っています。

『キンモクセイの下で』は、主に新型コロナウイルス感染症流行の3年間における弥生さんの人生の洞察を綴ったものです。彼女は日本での40年近くの人生の中で、さまざまな苦難を乗り越え、今でもこのような美しい言葉を書くのに十分な力を持っています。

私たちは、共に生きるこの日本という環境において、ただ生きる人間であるだけでなく、何らかの使命を担っているといえます。繁栄した時代の壮大な理想に別れを告げ、この地に根を張り、そして少しずつコミュニティになる。弥生氏は日本に40年近く住んでおり、私たちの多くは日本に20年、30年住んでいますが、この長い年月は、日本の中国人の新しい伝統を形成することになるでしょう。 弥生さんの言葉は、ある価値観を守ることであり、それがここにいる私たち全員がすべきことなのです。

この言葉は、日本における外国人コミュニティの重要性とその役割を強調しています。日本に暮らす外国人たちは、単に生きるだけでなく、地域社会に貢献し、新しい文化や伝統を形成する使命を担っています。彼らは、自らの文化や価値観を尊重しながら、同時に日本の文化や伝統を理解し受け入れることで、地域社会との調和を図り、共に成長していく重要な役割を果たしています。このような姿勢が、地域社会における多様性と共生を促進し、より豊かな社会を築くための基盤となります。

中国海南大学の文学教授であり、現在東京大学の客員研究員である李音先生のご感想:一部抜粋

李音氏は海南大学の文学教授であり、現在東京大学で客員研究員として活動しています。評論家の視点を用いて、専門的な角度から自身の見解を皆さんと共有しました。

”这开卷第一篇文章漂亮极了,童年家乡、故友新交、异国辗转、求学工作、家庭人生,几十年经历居然轻盈随意、不着痕迹地在一株桂花树上——日本名为“金木犀”——星星点点地绽放了,岁月悠长,光影斑驳。”

この巻の最初の記事は非常に美しく、幼少期の故郷、古い友人と新しい知人、外国旅行、勉強と仕事、家族生活、数十年の経験は実際には軽くて何気なく、キンモクセイの木に何の痕跡も残さなく、少しずつ咲き、年月は長く、光と影はまだらである。

弥生の作品に登場する花や植物には、すべて「名前」が付いています。多古町の伊藤家が栽培する茶の木、米、サツマイモ、大島に生える「明日葉」、千川駅前の二本の桜などです。 明るい月 中庭のアジサイ、母の写真が飾られている部屋の後ろの庭にある 2 つの牡丹、そして 1989 年にアメリカから入手した種から育てた数本のユリの木。彼女はとても真剣に、そして正確に書きました。

女作家協会の名誉会長、華純氏の寄稿祝辞:一部抜粋

これは、海外での活動をしている日本中国女性作家協会の名誉会長である華純氏の寄稿を、日本華文女作家協会の理事である王一敏氏がご挨拶後代読した内容を一部抜粋したものです。

甘い香りのキンモクセイの香りが漂うこの新しい本の中で、弥生は過去と人生の状況について書き、人生をいくつかの断面に切り分け、すべてのステップ、すべての感情、精神的な思考を記録するだけでなく、より重要なことについても書いています。

精神的な核となり、人々に言葉の背後にある洞察力と育成を垣間見ることができます。長い人生の旅を一言でまとめるのは難しいですが、弥生さんの序文にある「書くことは、ある意味、自分を滅ぼす行為でもある」は、とても洞察力があり、哲学に富んだものだと思います。 過去の自分を破壊して現在の自分になり、次に現在の自分を破壊して未来の自分になる。

私は弥生先生とは20年来の知り合いで、純粋に文学がきっかけで一緒になりました。 2011年、王敏先生、新井先生と私は日本中国文学ペン協会を設立し、弥生先生は事務局長としてペン協会設立初期の苦難の時代を乗り越え、日中文学の発展へ多大な貢献をされました。

弥生先生は、近年活躍する日本の中国文学者の中でも傑出した女性で、長年文学に没頭し、旅の記録や学問についての思索を記録し、その波を表現した二冊の詩集を出版しました。彼女の魂と彼女の誠実な洞察力と思考。 詩には派手な言葉遣いはありませんが、深みと女性的な柔らかさが含まれており、人々は生命の川が、流れ出るときもさまようときも、常に詩人の尊厳と誠実さを守っていると感じさせます。

新刊『キンモクセイの下で』を読み進めると、弥生先生の生き方を確認できます。 高貴な性格を持つ人々は、多くの場合、オープンマインドで、単純かつ透明で、他人を助けることに積極的です。

「大学で教鞭をとり、社会的責任を果たしながら、充実した多忙な生活を送っていた」とありますが、 周知のとおり、日本中国文学ペン協会の副会長、そして女流作家協会の現会長を務めることは大変な仕事であり、無償で多大な時間とエネルギーを必要とするだけでなく、時には困難を伴うこともあります。 でも弥生先生は、心の苦しみを乗り越え、いつも笑顔で、私たちはまだお互いにしがみついて見守ることができる、と言ってくれました。

多くの方々からの祝辞と感想文

作家の女性作家協会の会員である張兢氏が《桂花之下》の序文を皆さんに朗読しました。

房雪霏氏は、京都での大雪の中から専用に駆けつけ、感想を述べました。

また近年重要な長編小説『冬季の庭園』を出版した作家の吳民民氏も発言しました。彼は散文集の利点を分析し、欠点や不足点も指摘し、「散文にも物語性が必要だ」と述べました。

著名画家の王子江氏、《桂は花之下》の本の中から詩を朗読し、その場にいる聴衆に画家の多才な一面を披露し場を盛り上げました。

著名作家である罗凡华(四海)氏は、「国際冰心文学賞委員会」の責任者として初めて参加。このイベントに特別に招かれました。彼は「国際冰心文学賞」の大まかな内容を紹介し、世界中の作家や文学愛好家に冰心の名言「愛があればすべてができる」に敬意を表し、大愛の美文を書くよう呼びかけました。「国際冰信文学賞」に関する特別記者会見を適切な時期に開催する予定があり、ぜひ注目していただきたいと述べました。

中国文化センターの所長である罗玉泉氏は、センターで開催されている「杖国紫禁 扶桑共月」書法展に出展中の汪鐘鳴先生を特別にお招きしました。汪鐘鳴先生は安徽省の著名な書法家です。女作家協会の名前を記した作品を制作し、このイベントを盛り上げました。

まとめ

弥生氏のエッセイ集「桂花之下」(甘い香りのキンモクセイの下で)のシェアリング会は、参加者に共鳴を呼び起こし、新たな道を示しています。日本の中国人コミュニティは、日本での生活に根を張り、独自の伝統を築いています。

長期間日本に住んでいる中国人が、日本の文化や伝統を尊重することの重要性を理解し、中国の伝統の尊重の重要性を強調しました。この読書会は意義深く、今後も定期的な活動が期待されます。

 

【写真は主催側と李振渓氏提供】

 

グローバル医職住ラボでは、外国籍の方の日本でのお部屋探しをサポートしています。
中国籍や韓国籍などのスタッフにより、中国語と韓国語、英語で対応できますので、下記ボタンよりお気軽にお問い合わせください。
https://paid-intern.com/contact  

■ライタープロフィール
名前:姜春姫(きょう・しゅんき)女性
「医・職・住」ラボでは、グローバルな視点で、日本と中国との高齢者が直面する医・職・住の問題を提起し、特に日本に住んでいる外国人の問題を提起する。
より詳しくはこちら

関連記事

  1. 【企業必見】「特定技能外国人介護士活用」無料オンラインセミナー8/4(火)開催!

  2. 中日平和友好条約締結45周年記念 – 東アジア三国に見る徐福 ~中国・韓国・日本の伝統と行事~

  3. 睡眠は健康に不可欠!睡眠と健康長寿の関係性について

  4. 【夏至の文化】日中それぞれの「夏至の過ごし方」をご紹介

  5. 海外移住の5つのメリット・デメリットとは?具体例とともに紹介

  6. 新しいシニアの住まい「高齢者のシェアハウス」入居に向いている人&事例を紹介!

Translate:

  1. 外国人旅行者に人気の宿泊タイプは?ホテル・旅館?…

  2. 外国人に人気な宿泊エリアTOP5!外国人旅行者数の変…

  3. 日本への「外国人旅行者数」はどれくらい?コロナ前…

  4. 【春節はいつからいつまで?】 ―今年の元宵節は、西…

  5. 「揚琴演奏家・女子十二楽坊日本プロデュ―サー」,(…

  6. タイの春節(旧正月)は、提灯・赤い服&チャイナ服…

  7. 中国から日本入国、水際対策を要確認【入国情報・202…

  8. 日本に住む外国人の数はどれくらい?国籍・住んでい…

  9. 2023年一時帰国を検討している方へ【​​​​​一時帰国で…

  10. 障がい者についてどれぐらいご存じでしょうか?

  1. ウクライナ避難学生10名に住居を無料で提供|大型国…

  2. オシャレ&お得に滞在!コンセプト型シェアハウス「…

  3. 賃貸契約が難しいシニア必見!共生型シェアハウス微…

  4. 空き家情報がたくさん「アキヤリノバ ニュース」と高…

  5. 大阪住吉区「シニア女性と介護職女性」のためのシェ…

  6. 地域医療・コミュニケーション複合、シニア歓迎の住…

  7. レトロさが魅力の空き家再生シェアハウス「Roopt」入…

  8. まずはリビングのみ使用でシェアハウス生活に挑戦!

  9. ユーモア満載の新しいシェアハウス「モテアマス三軒…

  10. 仕事も趣味も満喫!大阪のおすすめシェアハウス厳選T…

グローバル医職住ラボ 運営会社

Translate »