人気移住地域ランキングTOP3は、三条・富岡・伊那!SMOUT移住アワード2021上半期

株式会社カヤックが発表した『SMOUT移住アワード2021 上半期』。

人気移住地域ランキングTOP3は、三条・富岡・伊那でした。

各市町村、どのような理由で人気を集めたのでしょうか。

都道府県ランキングも同時に発表されたので、あわせてみていきましょう。

SMOUT移住アワードとは

引用:移住スカウトサービスSMOUT

SMOUT移住アワードとは、移住スカウトサービスSMOUTが発表しました。

SMOUT登録ユーザー約3万人が「ファボ(興味ある)」をした数で、ランキングを決定。

この度、中間発表が公開され、最終結果は2022年4月だそう。

中間発表の結果を詳しくみていきましょう。

市区町村1位:新潟県三条市


三条市は、市内のエリアの特性を見事に生かした結果、1位に選定。

代表的な選定ポイントは以下です。

  1. アウトドアを楽しめるスポーツ施設が充実
  2. 自然豊かな環境で、お試し移住先として人気
  3. 農業・独産品づくりのプロジェクトあり

さらに、金物の町・燕三条エリアでは、ローカル企業・新規メンバー募集などで、数々のファボを獲得。

三条市は、2021年より移住定住相談窓口「三条移住コンシェルジュ」を開設。

今後も移住体験イベントなど、楽しみがたくさんあるエリアですね。

市区町村2位:兵庫県豊岡市

兵庫県豊岡市は、SMOUT移住アワード2020で1位となったエリア。

中間発表では2位にランクインしました。

豊岡市は、コロナ移住が広がる以前より、地域おこし協力隊の採用に力を入れていたそう。

「温泉街まるごと一つの旅館プロジェクト」や、「一年間で鞄作りを学べる学校の入校生募集」などの、興味深いプロジェクトテーマがたくさん。

温泉や縫製技術など、エリアの特徴を活かした面白い体験ができそうですね。

市区町村3位:長野県伊那市

長野県伊那市は、SMOUT移住アワード2020で2位。

中間発表では3位にランクインし、上位を維持しています。

東京からアクセスしやすい長野県で、伊那市自慢の農業とコラボした移住体験が人気です。

都心×農業など、2地域居住に興味がある人にとって魅力的なエリアですね。

森に関わる仕事を考えるプログラムなど、実践に役立つコンテンツもあり。

長野県の中でも隠れスポットともいえる伊那市で、特別な体験を経験してみはいかがでしょうか。

都道府県部門TOP3は?

都道府県部門TOP3は、以下でした。

1位:長野県
2位:兵庫県
3位:山口県

各都道府県、人気の理由は自然・癒し・地域おこしがポイントで選定されました。

都心で働き、疲れた心と体をリフレッシュできる環境と、人・地域が元気になるプロジェクトがたくさん。

大都市エリアからのアクセス良好、山岳観光やリゾート地として有名な長野県。

街から田舎まで、個性あふれる特性が詰まった「日本の縮図」ともいわれる兵庫県。

海と山々が身近で、温泉が50か所以上ある、歴史遺産もある山口県。

各都道府県の発信はかなり活発、今後の動きに目が離せませんね。

出典:PR times

あなたの好きなエリアはどこ?トライアルステイで移住先をまわってみよう!

移住先人気なランキングをみて、興味がわくエリアはありましたか?

移住前には、まずはお試しで滞在してみることがおすすめ。

グローバル医職住ラボでは、トライアルステイが可能な物件を多数紹介しています。

家具家電付きの短期賃貸や、気軽に入居できるシェハウスもご案内が可能です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

詳細のお問い合わせ

関連記事

  1. 仕事も趣味も満喫!大阪のおすすめシェアハウス厳選TOP3

  2. 新型コロナウィルス後、訪日外国人は増えるのでしょうか?中国専門家【西園寺一晃先生】に直接インタビュー!

  3. 【本帰国を悩む3つの理由は「子ども・医療・言葉」】日本帰国を決意した理由・後悔したことを徹底調査

  4. 【2022年最新版】世界で暮らす日本人は増加中!海外在留邦人の「今」に迫る

  5. コロナ禍、海外旅行はいつから再開?「タイ」へ行く方法を例に解説

  6. ウィズコロナ時代の日本入国の現状、滞在先は?【一時帰国・本帰国】

Translate:

Translate »