【賃貸仲介営業のお仕事】寄り添って「聞く&おすすめ」しよう♪

「不動産のお仕事」って、どんなイメージがありますか?

ノルマがキツそう、専門知識がなくちゃ…と感じている人が、たくさんいることでしょう。

しかし、不動産業界でのお仕事は、時代とともにどんどん変化してきています。

なかでも、近年では「ある素質」が重要視されてきているんです。

もしかしたら、この記事を読んでいる「あなた」にピッタリのお仕事なのかも。

この記事では、「不動産のお仕事で、今求められている素質」について、例をあげながら紹介していきます。

ぜひ、少しでもいいので読んでみてください。

就職先を探している・転職を考えている人にとって、自分の新しい可能性を見出す「きっかけ」になるはずです。

私たちの生活に身近な「不動産のお仕事」って?

不動産のお仕事と聞くと、営業?事務?といった職種が思い浮かぶことでしょう。

とはいえ、具体的にどんなお仕事内容なのか、ピンとこない人も多いはず。

そんななかで、一番イメージしやすいのが「賃貸仲介営業」だと思います。

たとえば、一人暮らしを始めようとして、家を借りるとき。

住みたい街の駅付近を歩いてみると、たいてい「街の不動産屋さん」がありますよね。

この「街の不動産屋さん」の中にいる、お兄さん・お姉さんたちが「賃貸仲介営業」をしている人です。

賃貸仲介営業の人たちのお仕事

「部屋を借りたい!」というお客様に対して、希望にあった物件を紹介するのが、賃貸仲介営業のお仕事です。

賃貸仲介営業のお仕事は、ざっくり5つあります。

1.お客様に、お部屋条件をヒアリング
2.物件紹介(約3件)
3.気になる物件を紹介(内覧)
4.お客様と、賃貸契約を結ぶ
5.入居説明とカギ引き渡し

日本では、単身世帯がますます増加中。

単身の場合、ほとんどの場合が賃貸で部屋を借りています。

このような背景ということもあり、賃貸仲介営業は、需要あるお仕事となっているのです。

ただの「賃貸仲介営業マン」では、生き残れない

賃貸仲介営業のサービスが乱立する現代。

賃貸仲介営業として生き残るためには、「寄り添う力」が重要です。

部屋を借りたいというお客様の要望をくみ取り、満足度が高い生活を送ることができるようサポート。

お客様の声に耳を傾けることが、以前にも増して求められてきています。

賃貸仲介営業としての、契約ノルマももちろんあるでしょう。

しかし、サービスが多様化している中であれば、なおさら「ほかの賃貸仲介営業マンと差別化をはかる「お客様にとっての価値があるサービス」を提供しなくてはなりません。

そこで大切になってくるのが、「寄り添う力」なのです。

リピーターや口コミを呼ぶことが、後のノルマ達成につながります。

寄り添うためには、どうすればいいの?

賃貸仲介営業をする人それぞれ、個性をいかした「寄り添い」をするのがベスト。

とはいえ、具体的にどうすればいいかと思うことでしょう。

金銭面や設備面での条件を、親身に聞いて物件を紹介するという方法も、もちろんOKです。

ただ、それは「賃貸仲介営業」の最低限のお仕事。

だれもが行っている、当たり前のサービスなのです。

住まいは、毎日の生活の基盤になります。

設備も大切ですが、周囲の環境だって大切な要素のひとつです。

ましてや、新しい街に住むとなれば、治安やスーパーなどの情報、便利な街までアクセスがいいのかどうかなど、全くわかりません。

「実際に住む人の生活を想像して、街情報を提供すること」が、賃貸仲介営業として大切です。

街情報を伝える、住まいのコンシェルジュ

賃貸仲介営業をする人は、「街情報を伝える、住まいのコンシェルジュ」という意識を持つことが大切です。

お客様に寄り添い、求める情報・必要な情報を提供する「コンシェルジュ」になることが、近年求められています。

もしかしたら、あなたこそ賃貸仲介営業の才能がある人なのかも!

以下の項目の中で、思い当たるものはありますか?

・複数エリアに住んだことがある
・引っ越しが好き
・お散歩が好き
・いろんなエリアに友だちがいる
・人と話すのが好き

どれかひとつでも当てはまるのであれば、賃貸仲介営業として活躍できる可能性が高いです。

あなたのこれまでの経験が、お客様のためになる

これまで自分が見てきたもの・感じたもの。

あなたのこれまでの経験が、お客様のこれからの日常に活きるんです。

そう思うと、賃貸仲介営業って、とてもやりがいがあるお仕事だと感じませんか?

お客様の要望をただひたすらに聞くのではなく、寄り添って、一緒に考えて、「ありがとう」がうまれるお仕事。

これが、今求められている賃貸仲介営業です。

株式会社イチイでは、賃貸仲介営業や、住まいの悩みに寄り添う不動産コンシェルジュを募集中。

少しでも興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 外国人採用を考える企業が考えるべきこと(外国人雇用豆知識)

  2. 特定活動として外国人を雇うメリットとは(外国人雇用豆知識)

  3. 【在留外国人・訪日外国人は見てほしい】日本のマナー&ルールを学べる4コマ漫画が誕生!

  4. ベトナムと日本での就活の違い(外国人雇用豆知識)

  5. [在日本打零工]由于人际关系,一个月内辞职的人数超过85%【在日本的外国人真心话】

  6. What is Sales?