【新記事】「揚琴演奏者・音楽教育者・日中の架け橋」鄭宇(ていう)女史インタビュー①

鄭宇(ていう)女史は、7歳の時に揚琴と出会い、それ以来揚琴に吞み込まれガムシャラに練習を重ね、音楽の世界に入りました。中国で成功した後は、揚琴をもって海を渡り、楽器と歌を通して日中の間の文化交流をし、音楽教育者や日中民間交流使者として活発に活動を展開してきました。
直接インタビューをしてきましたので、ご紹介します。